安倍改造内閣。 栄養孝2。
7月31日 海鮮オードブル、枝豆、油揚げ焼き、キュウリ・玉ねぎの梅肉和えサラダ、他。

8月1日 
 チャーシュー玉ねぎ添え、チャーシュー入り野菜炒め(ピーマン・シイタケ・生姜)、枝豆。・・・冷酒 白鶴辛口生 貯蔵酒を呑む。さらに、自家製ウコン酒を呑む。・・・ウコンを刻んで干し、焼酎に漬けて1年経ったもの。薬味酒として少し呑む、苦いが肝臓に効く。 DSC_0890.jpg DSC_0889.jpg

8月2日 
 サケのかまの西京漬け、ゴーヤ・他の天ぷら、枝豆、、高野豆腐、キュウリの梅肉和えサラダ、おかひじき。
 DSC_0893.jpg DSC_0891.jpg
 ・・・鮭の赤い色にはアスタキサンチンという成分があり、抗酸化物質でアンチエイジングに有効である。サケは産卵で川を遡上する際、流れに逆らうことでたいへんな酸化ストレスに見舞われる。そのストレスを克服するのが、サケが食べる海産物に含まれたアスタキサンチンの、強力な抗酸化作用(体のさび止め)なのである。

8月3日 チャーシューのカイワレ大根添え、油揚げ・シシトウ焼き、トウモロコシ、枝豆、玉ねぎの梅肉和えサラダ。

8月4日 
 ゴマサバ生の塩焼き、はんぺん・甘長トウガラシ焼き、ゴーヤサラダ(酢醤油で)、新生姜サラダ大葉・ミョウガ添え、納豆ネギ・オクラ入り。
 DSC_0897.jpg DSC_0895 (1)
 サバは油がのっている、私の好きな安価な定番メニューだ。
 はんぺんの柔らかいヘルシーさがいい。
 ゴーヤの苦味と酢が相まって胃に沁みる。ミョウガ・大葉がアクセントになっていい感じ。枝豆の代わりに納豆。
 
     ・・・・・言葉の裏側・・・・・ 
 
 *安倍改造内閣は、「仕事人内閣」と言う。
 では、今までは「仕事ができない内閣」だったということになる。自分の組閣人事の失敗・未熟さを認めたことになる。民間会社なら潰れている、社長は退陣である。
 
 「記憶にない」は、「記憶がある」から言える言葉だ。
 「一線を越えてはいない」も、同じこと。無意識に反対の意味を物語っているのだ。しかも、そのことを意識していない滑稽さがある。 

8月5日 
 弟からもらった山田式中華鍋はチタン製で軽くて重宝している。炒め物・揚げ物・煮物・茹で物に。だが、焦げ付きやすいので金たわしで手入れするのが面倒だ。
 今日も枝豆を茹で、ピリ辛こんにゃく炒めを作り、煮干しを揚げて山椒ちりめんじゃこ風に味つけをする。
 DSC_0899 (1) DSC_0900 (1)
 北海道産時鮭生のアラを安く手に入れたので塩焼きにして食す。
 他に、野菜サラダ梅肉和え(かぶ・新生姜・キュウリ・オクラ・大葉)・・・今日もヘルシー。
 
 *タニタの体重計でのデータを見ると、なんと!体内年齢は35才と出た。 
 
 「飲み過ぎてはいけないが、酒の毒は栄養のある肴で消える。ゲドックス・デドックスである。脂肪肝・肝硬変・肝臓がんが気になる酒飲みはビタミンB群やレシチンを多く含んだ豚肉、豆類、チーズなどのツマミを食べながらお酒を飲むようにするといい」と、「分子栄養学」の大家、三石巌先生がおっしゃっているのは酒飲みには心強い言葉です。
 私のツマミは自然と理にかなっていたのだ。

8月6日 72年前、広島原爆投下。私は72才。
 チャーシュー入り野菜炒め(カブ・シイタケ・シシトウ)、ニンジン・生姜・キュウリ・ミョウガ入り野菜サラダ、オクラ入り納豆。
 DSC_0905.jpg
 今日もヘルシー、若返る!
酒の肴の栄養孝、 夏も元気!
        酒の肴の栄養孝
7月25日
 油揚げ焼き、野菜焼き(ゴーヤ・ピーマン・なす)、枝豆、新生姜サラダ梅醤油がけ、山椒ちりめんじゃこ。

7月26日
 とりのむね肉・野菜煮(玉ねぎ・なす・アスパラガス)・・・生姜・ニンニク・鷹の爪・胡椒・醤油・みりん味。キュウリ・オクラ・ラッキョ梅肉和えサラダ枝豆、山椒ちりめんじゃこ、ピーマン炒め。
 DSC_0880.jpg

7月27日
 なす・インゲン炒め、こんにゃくピリ辛炒め油揚げ焼き、キュウリ・生姜梅肉和えサラダサバの干物焼き

7月28日 
 豚肉の生姜焼き、シシトウ焼き、枝豆、キュウリ梅肉和えサラダ、その他。
 DSC_0883.jpg

7月29日 
 サバ醤油干物焼き、枝豆、キュウリの梅肉和えサラダナス・ピーマン・厚揚げ焼き、他。
 DSC_0885.jpg DSC_0884 (1)
    
7月30日
 ラッキョウ、キュウリの梅肉和えサラダ、厚揚げ、ピーマン・はんぺん焼き、山椒ちりめんじゃこ。
 DSC_0886.jpg

  
    ・・・・・・・・・栄養孝・・・・・・・・・
 
 *キュウリの梅肉和えのさっぱり感とののったサバの干物焼きの組み合わせが実にいい、旨い。夏の酒が進む!
 ナスは三枚切りにしてフライパンに油をひき両面を焼く。油を吸って旨い、胡椒を振って食す。厚揚げは焼いて醤油と和がらしで。
 サバの油のEPAがいい。血液をサラサラにし、動脈硬化の予防になる。
 
 鳥のむね肉もいい。むねは、ぱさぱさとして味としては今一だが、鳥は翼を動かすのに胸の筋肉を使い長旅する渡り鳥の遺伝子を持っている。そのイミダペプチドの成分は筋肉の発達と持久力をつけ、疲労回復にいいとされる。スポーツマンはよく食しているという。
 
 豚肉はウナギと同じようにビタミンB1が豊富でこれも疲労回復にいい。
 
 コンニャクのピリ辛炒めも酒が進むダイエットになる。
 
 油揚げ・厚揚げ・納豆といった大豆製品は植物性タンパク質でイソフラボンという成分があり、女性ホルモンに関係し、植物繊維が豊富で特に、女性の体調管理にいい。
 男性には前立腺がんを予防する効果があるという。
 
 ラッキョウは、血液をサラサラにし、植物繊維の量はトップクラスで便秘に効く。特に、栄養分が溶けている漬けた汁を飲むのがよい。
 
 にはクエン酸、リンゴ酸があり疲労回復によく胃腸を整える。特に、ムメフラールの成分が血液をサラサラにする。*梅酒の炭酸割りを飲んでいるので調子がいい。
 
 *これらはみな、すぐに簡単にでき安価でヘルシーである。何も凝ることはない。これが、すぐに呑みたい呑み助の晩酌の肴の神髄である。夏も元気!

 ・・・・・・・
 東京新聞の時事川柳に、
  「もり」「かけ」は飽きた そろそろ「おろし」蕎麦
  泥かぶる野田では咲かぬ蓮の花

 とある。
 
 *野党も含めて劣化した日本の政治家たちよ、特権階級ではない、国民の奉仕者であることを忘れるな、税金で高給を与えているのだから、まじめに仕事をしろ!・・・清貧老人は怒っているのだ!!
暑中お見舞い申し上げます。*7・26 追加あり
      暑中お見舞い申し上げます。
 
  厳しい炎暑が続いております。体調はいかがですか。
 
 ヘルシーな食事と水分補給で乗り切りましょう。


 旬の野菜や果物を食べ、適量のタンパク質をとりたいものです。
 ウナギがいいのですが、いつもとはいきません。安価な豚肉がお勧めです。
 
 貧乏くさいブログですが、参考になればと思っております。私は夏バテしたことはありません。

 普通なら今ごろは、北アルプス・南アルプスなどに登っているのですが、介護人を抱えているため、この5年間はないのです。
 
 テントで呑む最高です。いつか行ける日を思って、山の道具を眺めながら家で晩酌しております。
 DSC_0876.jpg

 このブログの読者の皆さん、夏バテなさらぬよう御自愛ください。


7月23日 
 魚肉ソーセージ入り野菜炒め・・・ピーマン・ゴーヤ・シイタケ、サバの干物、厚揚げ、玉ねぎ・生姜・シソサラダ梅醤油がけ、山椒ちりめん。 
 DSC_0871.jpg

 *この頃、最後にスイカを食べます。ミネラルと水分補給で健康的です。
 DSC_0877.jpg

7月24日 
 ゆで豚の玉ねぎ・生姜和え、枝豆、あさりの味噌汁、その他。
 DSC_0873.jpg DSC_0875.jpg
 
 *毎日、胃癌予防のため、朝、ヨーグルトLG21 内臓脂肪を減らすため、夜、ガセリ菌SPヨーグルトを食べている。
 DSC_0879.jpg
 自分なりに努力しているよ。

  
   夏の思い出
酔いから醒めて、熱帯夜は朝まで読書。
     酔いから醒めて、熱帯夜は朝まで読書。

7月18日 
 鳥のむね肉と野菜煮、ピーマン・厚揚げ焼き。
 DSC_0859.jpg

 熱帯夜は、夜中窓を開けぱなして朝まで読書。無職老人の特権だ。

7月19日 
 耳鼻咽喉科医院に行く。耳は完璧に治った。よく聴こえる。
 
 さば焼き、玉ねぎ・生姜・ラッキョウサラダ梅醤油ドレッシングサラダ、シシトウ・ピーマン・オクラ串焼き、かえりじゃこ山椒ちりめん。
 DSC_0861.jpg

7月20日 
 2ヶ月に1回の歯の掃除に歯医者に行く。良好である。私の友人は総入れ歯である。夜、酒を呑むと、歯も磨かないでそのまま寝てしまうのが禍いとなっている。
 
 眼は半年1回検査するが、左右供1.2である。血圧は正常、友人たちは血圧の薬を飲んでいる。ハメマラである。マラも大丈夫。
 
 ただし、人間ドック・がん検診はしない。70過ぎたら自然に任して寿命に生きるだけ。
 
 5年ぶりに会った友人が前よりも若返ったと言う。どうしてと聞く。私には背負っている困難がある、その緊張感アンチエイジングになっているのだよと答える。まだ、好々爺にはなれないのである。困難からの一時の開放‣解放が晩酌なのである。
 
 今日も元気、酒が旨い。・・・冷奴、チーズ、玉ねぎ・生姜サラダ、じゃこ、納豆、ピーマン焼き。ヘルシーである。
 DSC_0866.jpg DSC_0865.jpg

 *ヘルシーな食が若さの秘訣か? 炭水化物が好きでお腹いっぱい食べる友人は、よく焼きそばでビールを飲んでいた。62才で死んだ。
 
7月21日  
 暑い、ビールを旨くのむため敢えて散歩し、汗をかく。 
 
 カツオ刺身・・・わさび・生姜・オクラ・大葉・カイワレ大根添え、コンニャクのピリ辛炒め・・・ゴマ油・みりん・醤油・一味唐辛子・鰹節パックで味つけする→レシピ16、枝豆、トウモロコシ、じゃこすりごま和え。*今日もヘルシー!
 DSC_0869.jpg

 酔って気持ち良く寝る。夜中に起きて朝まで読書。

7月22日 
 焼肉・焼き野菜、枝豆、その他。このところ、もっぱら自家製辛口梅酒を氷と炭酸水で呑む。
 DSC_0870.jpg DSC_0862.jpg

センター試験対策 ブログ塾 夏期講習 公開。
   センター試験対策 ブログ塾 夏期講習 公開。

7月11日 
 ホタテ焼き、いわし丸干し、他。
DSC_0835.jpg DSC_0837.jpg

7月12日 
 耳掃除をしてたら、左耳が突然聞こえなくなった。医者に行く。綿棒で耳垢を押し込んで塞いでしまったという。吸引するがなかなか取れない。すごく痛い。リンデロン点耳薬で柔らかくするので、一週間後にまた、行くことになった。やれやれ! 
 
 牛ハラミ焼き、他。*タレは醤油・みりん・酢・一味唐辛子がいい。市販の焼肉のタレは甘くて合わない。
DSC_0838.jpg

7月13日 
 受験用ブログ「センター国語 満点作戦」の夏期講習 第1講 現代文評論を公開。←クリック

 野菜炒め、いわし丸干し、油揚げ焼き。
DSC_0839.jpg

7月14日 
 冷凍した山菜を貰う。・・・ワラビ・コゴミ・ゼンマイをゴマ油で炒める(醤油・みりん味)。他。
DSC_0840.jpg

7月15日 
 夏期講習2講 現代文小説を公開。 
 サバの干物焼き、他。
 
7月16日 
 鳥もつ煮セット(砂肝・きんかん・肝)289円・・・玉ねぎ・大根を入れて、生姜・ニンニク・鷹の爪・胡椒・赤ワイン・醤油・味醂で煮る。その他。
DSC_0848.jpg DSC_0846.jpg DSC_0851.jpg

7月17日 夏期講習3・4講 古文・漢文を公開。
 *これで、評論①②・小説①②・古文①②・漢文①②計8講である。私の勤めていた大手予備校は1講座90分5講で15000円である。過去問をベースとしたテキストである。この無料ブログを利用すれば経済的に助かります。
 
 甘口秋鮭昆布漬け(あら)198円・・つまみ として上等。 冷酒に合う!
DSC_0854.jpg DSC_0855.jpg

Copyright ©  酒呑老人(しゅてんろうじん)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈