小池劇場 国民ファーストならぬ自己ファーストの茶番劇
       小池劇場 国民ファーストならぬ自己ファーストの茶番劇

10月5日 
 サバ缶、コンニャクピリの辛炒め、じゃこ・きんぴら、サラダ(キュウリ・ミョウガ・葉生姜の梅酢漬け・ケール)、油揚げ・ピーマン・魚肉ソーセージ焼き。 
 
 *これぞ安価で晩酌の肴の美学。ご飯のおかずではないのだ。
 DSC_1159.jpg DSC_1160.jpg

10月6日 
 真の満月、曇りで残念ながら見ることなし。
 
 寒い、おでん鍋だ!・・・ダイコン・ちくわ・こんにゃく・ニンジン・鶏団子・砂肝・昆布・厚揚げ・オモチ+生姜スライス・日本酒・醤油味。他に野菜サラダ
 
 味のポイント・・・動物性の臭みを抜くための生姜、昆布・鶏団子のダシ、日本酒の甘み。煮込んだ砂肝が旨い。仕上にモチを入れる。
 DSC_1161.jpg
 DSC_1168.jpg *今年度の自家製梅酒お初。
甘みを抑えているのでロックで飲むと白ワイン感覚で、どんどん いける。

10月7日 
 チャーシュー風鳥のむね肉煮、サラダ(キュウリ・新生姜の醤油漬け)、厚揚げ・ピーマン焼き、他。
 DSC_1162.jpg DSC_1163.jpg
     
    厚化粧 百合独裁で 化粧はげ *都民ファースト離党者出る。

10月8日
 党首討論で、小池百合子ははっきり、「安倍一強の政治をただす」と述べる。第一極も第二極もそう政策は変わらない。

 *機を見るに敏の小池は総裁選で、石破茂を支持。しかし、判断ミスであった。安倍に冷遇され、タイミングよく松添が失脚し、都知事に。安倍は野党の乱れ・森加計隠しに乗じて大勝のチャンスと見て解散。
 
 小池も人気・ブームで自信を持ち、リベンジか、安倍の支持率低下でチャンスと見て希望の党を設立。民進党合流で自民党は大勝は無理となり解散前より議席を減らすだろう。

 しかし、小池独裁イメージダウン、希望も失速。両者チャンスでの勝算誤算に変わった。二人の恣意的行動で政界はごちゃごちゃになったが、かえって整理された。
 
 言ってみれば、単細胞男野望女の戦いである。それに巻き込まれて愚直野党が淘汰されていくということ。 
 
 結局、百合子劇場は民進党解体劇だけで終わるのか。国民ファーストならぬ自己ファースト茶番劇だ。
 賢民は何処へ行く!
    
    安倍憎し 百合怨念の 希望党
    百合党で 安倍のチャンスも ピンチなり
    リセットで 受け皿弱し 失望党(百合誤算・民迷う) *排除の冷徹さ
    連立で 第二極も 第一極へ *結局、第二極は第二自民党。
    民だまし 選挙合戦 賢民たれ *第三極も選択肢に     
    政治家の 正体見抜け 賢民よ
    
 晩酌・・・鮭のアラの塩焼き、ちくわ・ピーマン焼き、サラダ(キュウリ・玉ねぎ・生姜の梅酢漬け・ラッキョウの醤油漬け)、納豆。
 *今日も、質素!清貧の美学。
 DSC_1166.jpg DSC_1164.jpg

名月や 百合劇ネタに 句をひねる
10月2日 
 煮豚大葉添え、厚揚げ・シシトウ焼き、他。
 DSC_1142 (1) DSC_1147.jpg

10月3日 
 長芋、山椒ちりめん、新生姜の梅酢漬け、枝豆、きんぴら、サラダ(キュウリ・ミョウガ・大葉)、油揚げの乾煎り、サバ焼き。 
 DSC_1149.jpg DSC_1153.jpg
 DSC_1151.jpg DSC_1150.jpg
 DSC_1154.jpg 酒は秋の辛口(松竹梅)。
  
    秋の宵 明日は名月 先に酔い 
    秋風に 先生つらし 選挙かな
    百合の香に 引き寄せられて 解体ショー

10月4日 仲秋の名月
           名月や 百合劇ネタに 句をひねる
   
 安倍さんは選挙に北朝鮮問題を争点に第一に挙げているが、とんちんかんだ。北朝鮮は日本など意に介していない。アメリカとの関係で決まることなので一自民党ではどうすることもできない。野党も同じこと。争点にはならない。希望の党で焦りが出ている。不利な問題を隠す国民だましである。
   
    政治家に 名月を見る 余裕なし
    勝算の 安倍の選挙 誤算かも
    百合女 自民おやじに 意趣返し
    百合女 男手玉の したたかさ
    百合女王 排除のおごり 民心去る
 *「みんしん」は民進と民衆の心の掛詞
    厚化粧 笑顔をつくり 腹も隠す
    名月や 冷え込み厳し 未公認

    うんざりだ テレビ独占 百合の手よ
 
 私は清貧の酒を呑む。・・・ナスの油焼き、長芋、山椒ちりめん・きんぴらごぼう、納豆。
 DSC_1157.jpg

 22時、雲があり、見えにくい。何とかのぞく。
   
    名月や 流氷のごと 雲海に

百合子劇場、高みの見物で晩酌を楽しむ。 矢倉沢道ハイキング。
   百合子劇場、高みの見物で晩酌を楽しむ。 矢倉沢道ハイキング。

9月26日 
 海鮮オードブル、油揚げ・ピーマン・のどくろ煮干し焼き、サラダ(キュウリ・玉ねぎ・新生姜・大葉・ミニニンジン+ゆずポン酢)
 DSC_1090.jpg  DSC_1094.jpg
 
9月27日  
 豚のヒレ肉と鳥のむね肉を煮てチャーシュー風に仕上げる。・・・ニンニク・生姜+日本酒・醤油・みりん+胡椒で味を調え、水分を飛ばし煮切る。・・・冷蔵庫に寝かせる。
 
 煮豚大葉添え、枝豆、サラダ(キュウリ・ミョウガ・ミニニンジン+酢・醤油)、のどくろ揚げ(+醤油・一味唐辛子)。
 DSC_1101.jpg DSC_1098.jpg
 
9月28日 介護人の薬で隣町の医院に行く。日高屋で外食、呑む。

9月29日
 チャーシュー風煮豚・鳥のむね肉、サラダ(キュウリ・葉生姜・大葉)、枝豆、じゃこ南蛮漬け、ゴーヤの味噌炒め。
 DSC_1106.jpg DSC_1105.jpg

 *政局は百合子劇場となる。見ものである。
   百合の花 民進を食う 食虫花

9月30日 
 鮭の塩焼き、厚揚げ焼き、ピーマン焼き、サラダ(キュウリ・玉ねぎ・新生姜・大葉)、長芋、きんぴらごぼうレンコン入り、他。  
 DSC_1109.jpg DSC_1107.jpg
 
   リベラル派 第三極へ リセットされ
     *10月2日 立憲民主党へ、演目が増え一つの受け皿となったのはいい! 

10月1日 
 運動不足で、地元の山里をハイキング。弘法山から矢倉沢道へ。矢倉沢道は箱根越え、大山街道への歴史の道である。
 DSC_1131.jpg DSC_1130.jpg

 途中、牧の木というカフェを見つける。ハイキングコースから少し外れているので目立たない、山小屋風の建物である。12時半である。汗をかいて喉が渇いたので入る。客は私一人、テラスから丹沢、箱根連山が見える。後から、二組の女性客が来た。
  DSC_1128.jpg DSC_1126.jpg

 メニューを見ると、一番高いのはキノコ料理のランチセット 800円とある。ビールと共に頼む。
 
 ミョウガの酢漬け・クレソンのおひたし・キャラブキ・山椒煮・キノコの山かけ、レンコンのきんぴら、キノコのオムレツ、天ぷら(ゴーヤ・キノコ・何かの葉)、キノコ汁、ごはん、栗の渋皮煮のデザート。安い、ビールの大瓶が500円、これも安い。
 DSC_1119.jpg DSC_1118.jpg 
DSC_1120.jpg DSC_1117.jpg 
 DSC_1121.jpg  DSC_1123.jpg
 DSC_1124.jpg DSC_1125.jpg

 量が少ないが上品でおしゃれである。女性に人気があるという。キノコは私の知らない名で珍しいものばかりである。主人はキノコ採りの名人で富士山の裾野の森で採るという。
 土日のみの営業、あまり宣伝はしていないという。10年前から老後の趣味で始めたという。穴場である。嬉しい、常連になりそうだ。

 里の秋。帰りに、無人野菜売り場でジャンボししとう・なす・ミョウガ・大葉、新生姜、各100円を買う。晩酌のツマミの一品とする。
 DSC_1135.jpg DSC_1145.jpg

 
お彼岸、曼珠沙華の咲く頃 教え子と呑む。
9月20日 中野の妻の実家へ行く。

9月21日
 実家近くの歯医者に行く。歯の状態は良好、27本は、33才から35才並みという。

9月22日
 実家の庭の整備。曼珠沙華が咲いている。妻は墓参りに。
 DSC_1082.jpg
 
  山口誓子の句が浮かぶ。
  
    つきぬけて 天上の紺 曼珠沙華

 *お彼岸日和、青と赤の対比が印象的だ。現国の授業で扱ったことがある。

9月23日 
 夕方、中野坂上のバーミヤンで高校時代の教え子の新聞記者のK君と落ち合い呑む。70代と40代である。 都会だ。
 DSC_1086.jpg DSC_1081.jpg

 卒業アルバムを持ってきてくれて、話しがはずむ。懐かしさがこみ上げる。
 山岳部での話し、可愛い女の子のこと、現国の授業、当時の答案もあって98点である。記述式の答えは完璧である。新聞記者になるべくしてなったのもうなずける。
 
 居酒屋はうるさいが、ここは比較的静かでゆったりできる、特に、安いのがいい。年金暮らしの懐具合に合う。
 
 美人妻とまだ幼い可愛い娘のパパである。
 
 楽しいひと時を過ごした。私のような教師あがりの老人と一対一で会ってくれたのはありがたい。
 *尚、彼のブログ「多事放論」がある。さらに、活躍が期待される。

9月24日 山里の自宅に帰る。やはり、田舎はいい。
 
9月25日 
 解散選挙、「希の党」の百合子と「難突破解散」という安倍がうるさい。  
     安倍百合子 野が見える 同類よ
     突破したい 自己困難の 解散よ
 
 晩酌・・・豚のカシラ炒め(塩コショウ味)、煮豚の玉ねぎ添え、サラダ(キュウリ・葉生姜の梅酢漬け・梅肉)。
 DSC_1087.jpg

      
権力者と時事川柳
        権力者と時事川柳

9月12日 サバ・厚揚げ・ピーマン焼き、煮豚、サラダ(キュウリ・大葉・梅肉)。

9月13日 
 びんちょうマグロのステーキ、安くていい。ゴーヤ・ピーマン・煮干し炒め、枝豆、キュウリ・大葉・ワカメのサラダ。
 DSC_1054.jpg

9月14日 
 今度は、米国産ヒレ肉で煮豚を作る、高い国産をやめる。
 鮭のアラ焼き、お徳用でいい。煮豚のカイワレ大根添え、コンニャクのピリ辛炒め、キュウリ・大葉のサラダ、葉生姜の梅酢漬け。
 *安いビストロの赤ワインを呑む、1.5Lで570円。梅酒を少し入れると高級ワインとなって旨い。貧すれば鋭するだ!
 DSC_1061.jpg DSC_1059.jpg DSC_1058.jpg DSC_1063.jpg DSC_1068.jpg

9月15日 外出、昼にビールと餃子。晩酌は軽く・・・厚揚げ・ピーマン・なす焼き、サラダ(キュウリ・カイワレ大根・ワカメ・大葉)、葉生姜の梅酢漬け

9月16日 
 チャーシュー・ピーマン炒め、鮭焼き、枝豆、サラダ(キュウリ・玉ねぎ・生姜の梅酢漬け)、山芋のオクラ入り。
 DSC_1065 (1)

 東京新聞の時事川柳に、同感するものがある。
  支持率が 下がりゃ上げます 金正恩
  蚊張の外 蚊ほどのうなり 安倍外交
  包囲網 朝鼠トラを咬む 逃げ場なく

 
 私も一句 
  Jアラート 脅威を煽り 軍国へ
  Jアラート 原発止めぬ 愚かさよ
  Jアラート 平和ボケへの 警鐘に
  

9月17日 
 ゴーヤチャンプルー(魚肉ソーセージ・玉ねぎ入り)、納豆、サラダ(キュウリ・玉ねぎ・梅酢生姜・大葉)。煮物(レンコン・ちくわ・ニンジン・小松菜)。  
 DSC_1071.jpg DSC_1069.jpg

*北朝鮮、国連の決議、どこ吹く風とミサイル発射し、核保有国終着見込み宣言。
   ミサイルに 保身の安堵 金笑顔 
   嬉しさに 科学者の手を とる金 

9月18日  
 *所詮、権力者は国民より自己ファースト・自己保身! 愚直野党、受け皿なしのジレンマ。二大政党制遠のく、日本人よ、賢民たれ!   
    
    安倍だまし 支持率上がる 愚民かな
    桜散り 選挙早める 安倍心
    安倍心 百合咲かぬうち 解散よ

    解散も 自己ファーストの 野心かな 
    外交で 国内政治 逃げる手か
 
 チャーシュー風煮豚の玉ねぎ和え、煮干し揚げ煮白ごま入り、キュウリ・大葉のサラダ、焼きうどん(なす・ブロッコリー入り) 
 DSC_1072 (1) DSC_1073.jpg DSC_1074.jpg DSC_1075.jpg




Copyright ©  酒呑老人(しゅてんろうじん)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈