食堂で呑むのが穴場だよ。
3月8日 
 寒い。あんこう鍋の具材375円を買う。適当な野菜を入れて醤油味で調える。サザエの小ぶり3こ342円も買う。
 サザエはつぼ焼きにする。

 晩酌は・・・それらをつまみに、まず、ビールを呑む。つぼ焼きは日本酒に合う。

 
3月9日 
 東京の中野の歯科医院に行く。2か月の一回の歯の掃除と検査だ。数年前に一本インプラントを入れた。30万円かかった。私のバブル時代だった。
 
 近くのの家に寄る。孫娘二人に久しぶりに会う。上の子は4月から中学生、早いものだ。 

 帰りに中野の島忠ホームセンターに寄って東京の家の庭用の砂利を買って届けてもらうようにする。
 
 実は、 娘の家の横に狭い家を建てた。老後お一人様用の住まいとして。一階はキッチンとリビング、二階は8畳の寝室と4畳半の納戸である。が住むことは想定していない。孫たちと楽しく過ごしてほしいと思う。
 酒呑みのは、長生きはしないと想定して。今は、ひたすら丹沢山麓の田舎暮らしを惜しんで日々を過ごしている。

 中野駅前の中華食堂一番館で呑む。 
 偶然に見つけたのだが、安い貧乏症が出る。

 DSC_0033.jpg

 まず、ビール、クリアアサヒ中200円、砂肝の冷製180円、おつまみ3点盛り(味付け卵二つ割り・チャーシュー3枚・キムチ)300円を頼む。
 次に、酎ハイ100円と餃子4コ150円。もう一杯。仕上げに、かけラーメン290円。モヤシがたっぷり乗ってて、濃い醤油味が旨い。
 これから、ここで呑もう。

 端っこの席に老人が呑んでる。酎ハイ二杯と餃子で呑んで帰る。安いしね、ご同輩!工夫しているよ。
 隣の席で、若者がチャーハン定食350円(漬物・スープ付き)を食べてすぐ帰る。のない時代だ、がんばれよ若者よ!


 それに比べると、近くの立ち飲みは、結構、混んでいるが、高い。サラリーマンのうちはいいが、「貧すれば鋭する」で、気づけよ! 飲み屋より食堂が穴場だよ。日高屋、バーミヤンしかり。

3月10日
 ブログ作成。17時、夕方の陽射しがあたり、平塚方面、湘南平の丘が茶色に明るく見える。
 晩酌は・・・サバの干物、油揚げ焼き、菜の花のおひたし、のりチーズ、カイワレ大根の煮物。今日もR・S・Hであった。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

菊地さん お元気そうですね
南多摩中等も四年目。八王子中心街の色んな呑み屋を仕事帰りに探索してます。だいたいパターンができて、四、五軒をローテしてます。ビール(スーパードライ以外)と純米吟醸で、小一時間の至福の時ですね〜
田中 一生 | URL | 2017/03/12/Sun 21:48 [EDIT]

Copyright ©  酒呑老人(しゅてんろうじん)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈