FC2ブログ
姜尚中の本を読む。息子さんの死について②
2月19日
  
 そこで、その後、息子さんの死を公表し、触発されたという小説、2013年に出版した「」を読む気になった。少し古く近くの本屋にはないので、アマゾン・ネットで取り寄せる。翌日には届いた。便利になったものだ。
 DSC_5873.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 書き出しは、「青年は突然、わたしの前に姿を現した。・・・一瞬、わたしは息をのみ、思わず"あの子"の名前を口走りそうになった。・・ただ、次の瞬間、別人であるとわかったけれども・・ ・・・大学生の西山直広といいます。先生のファンです。・・・」と始まる。
 
 *「あの子」は亡くなった姜尚中の息子を指す。息子の名前の「尚大(なおひろ)」を「直広」に変えている。親友を亡くして悩み、大学教授に手紙とメールで相談を持ちかける主人公の青年の名前である。
 二人の魂の交流を描き、自身の喪失体験から悩める若者へのメッセージとなっている。

 姜氏は別の本やインタビューで、
 「漱石の『こころ』に想を得て書いた。・・・主人公の青年には、亡くなった私の息子の面影がこめられているのです。・・・(漱石)の『こころ』の私が先生の死をまるごと受け取り、その記憶を語り継いだのと同じように。・・・私(姜)の中に生きている息子のともしびを、いついつまでもともしていたかったのです。
 
 漱石の『こころ』は、死を選んだ先生が若者に託すという形をとっているが、現代に置きかえると、ちょっと重い気もするので、若者から相談を持ちかけられ、対話しながら一緒に成長していくという構造にしました。・・・若者には『三四郎』のイメージも入っています。
 
 ・・・東日本大震災の取材で被災地を訪れ、膨大な死と遭遇した。その経験も、物語の方向性を決定させた。・・・書くのはつらかったけど、これでよかった。」と語っている。

・・・・・・・・・・・・・・・
 読み終わって感じたことは、一見感動的だが違和感!

 東日本大震災でのボランティアの遺体引き上げ、演劇活動などの感動的な、健全な・真面目な若者の青春が描かれているが、上品すぎて現代のすべての若者の悩みには合ってはいない気がする。
 
 *「死と生きることの意味」が語られているが、観念的感傷的で実感として伝わってこなかった。それは私が若者でなく老人だからか。
 
 特に、肝心な息子さんの悩みには答えていないのだ。
 小説では最後の方に、

 「息子は君と同じように真面目でした。しかし、不治のような心の病に懊悩し、『こんな悲惨にあっても、それでも生きていかなければならないのか』と問いつづけた果てに帰らぬ人となりました。・・・

 ・・・煩悶の中で息子は、ひととき世界の破滅とみずからの破滅を願ったことがあります。・・・苦悶し、悩みつづけました。しかし、その果てにこの世界を受け入れ、柔和で、優しい、無垢な表情を取り戻しました。
 だが、まさしく生まれ変わり、回心をとげたと思ったとき、『生きとし生けるもの、末永く元気で』という言葉を残して帰らぬ人になったのです。

  ・・・わたしは余りの悲しさに、生きる力さえなくしてしまいそうでした。・・・ 」 

 *ここで、姜氏の悲しみを思うと、申し訳ないが、見解を述べたい。
 フィクションだがノンフィクション風である。公に出版するのだから『不治のような心の病』と曖昧に表現するのはいかがなものか。 勝手な推測すれば、具体的な病名を挙げてはいないが、『世界の破滅・・・』という妄想的な言葉と『優しい・・・表情』という組み合わせから統合失調症とも考えられる。自殺の恐れがあるのだ。

 「・・・(息子が最後に)『生きとし生けるもの、末永く元気で』 自らの死をもって残したこの言葉を、わたしは否定することができませんでした。それは、『生きろ』と訴えているからです。・・・
 *この言葉も不自然である。

 ・・・今では、息子の言葉は、あの大震災で亡くなった二万人近くの方々、そして原発事故で絶望や流離の果てに亡くなった人々の遺言ではないかと思うようになりました。
 直広くん、
『末永く元気で』
 わたしもそうします。
 そして生きて生きて、生き抜いた果てに、息子と再会することができれば・・・・・。父は立派にお前の言葉を守ったよと、報告したいです。
                姜尚中      」とあり、終わっている。

 *きれいな、感傷的な終わり方だ。陶酔的でもある。  
 心の病に苦しんでいる息子さんをそっちのけで、違う普通の若者へのメッセージを書いて作品化しているのが不思議である。ここには、彼なりの何か思いがあるのだろうか。

 さらに、ネットで、彼の言葉を調べてみた。
 「このままでは、息子の生きてきた時間が無意味なものになってしまうと考えて、極限の苦しみを経て、自分の生き方を問い直す息子の残した言葉をそのまま伝える『二度生まれ』の物語にしたいと思い、メルヘンとして生まれ変わった息子と自分へのメッセージとして書いた。」とある。

 *息子さんの死の本質を避けて理屈を作ってベストセラー狙いの出版化の感は否めない。善意に考えれば悲しみを乗り越えるためのメルヘンか。
 
 大震災が起きた時には息子さんはこの世にはいなかったのに、結びつけてエンタメとはいえ、この小説の秀徹な構想に、彼の裏の心の冷徹さを見てしまう私は冷酷か。
 潜水での遺体の引き上げのリアルな描写は実際の取材とはいえ、ネタにできる神経を疑ってしまう。
 
 プライベートなことだから具体的には書きたくはないだろうが、息子さんのことを曖昧に美しくそれとなく思わせぶりに語るのには苛立ちを覚える。勉強家なのだから精神科的勉強をして息子さんの苦しみを具体的に書いて心の病に悩む者達への本を出すのが、ベストセラーにはならないかもしれないが、作家的苦悩の良だろうと思うのだが。

 また、彼はこうも言っている。「今、政治に興味が持てなくて、政治学者として何かを批評し、裁くことが。息子もそういう僕が嫌いだったんです。裁いてはいけない。僕のこれからの方向は、受け入れていくことにあるという気がしている。受け入れる力をくれたのはこの息子の言葉です。私も生まれ変わったつもりで人生を歩んでいきたい、二度生まれということです。」

 *ここで、父と息子の諍いがあったこと、父への不信感を抱いていたことを思わず吐露してしまったか。息子さんは父親の偽善を見抜いていたのか。死はそのことと関係があるのかもしれない。相変わらず曖昧な言い方である。

・・・・・・・・・・・・
 そこで、一応、他の本も読んでみた。
 DSC_5874.jpg

 2008年刊のベストセラーになった「悩む力」を読む。
 *その時、まだ息子さんは生きていたのだ。後で、「息子との合作で出来た」と語っているが、息子さんが精神病で悩んでいたことは筆者自身の悩みでもあったことを言っているのか。
 
 2012年刊の「続・悩む力」は20011年の3・11大震災の悲劇がきっかけとなったというが、すでに亡くなっている息子さんのことには触れていない。 
 
 そこで、前作の「悩む力」について書いている。
 「私が、四年前に・・・書いたのは、そんな現実のただなかでも、卑屈にならず、絶望せず、悩み抜くことによって、自らの「生きる力」を取りもどして欲しいという一念からでした。」と。*それは、息子へのメッセージだったとも受け取れる。

 そして、「続・・・」では、3・11の事態を受けて、楽観論や幸福論の限界を言い、「死や不幸、悲しみや苦痛、悲惨な出来事から目をそらさず、しかし、だからこそ、人生を存分に生きる道筋を示すことだった。」という。
 
 また、イーグルトンの『宗教とは何か』を引用して、「それは、『人間がはかなく死ぬ運命にあるということを念頭に置いて、あくまでも謙虚に人間的なるものを肯定する』ということにほかならない」という。
 さらに、「こうした悲劇的ヒューマニズムを受け入れ、私も生まれ変わったつもりで、これからの人生を歩んでいきたい。」と。

 *筆者には、息子さんの死を隠し、その真実を語らない「心の闇」があるのを感じる。悩む自分のために、本の中に答えを求めて心酔する漱石などの言葉を引用し書いている感じがする。 
 
 *知的なカモフラージュが目立つだけで、私には何を言っているのか分からない。それこそ題名の力と知的カモフラージュだけでミリオンセラーになったのではないか。一般読者はどうなのだろうか。
 はたして、「悩む力」は「生きる力」となったのだろうか。老人のせいか、私には得るものがなかった。
 
 2013年の小説「心」で、息子さんことに触れる。いわゆる「二度生まれ」、生まれ変わった息子さんをイメージして書く。
 
 2014年刊の「心の力」も、息子さんことにそれとなく触れているが具体的ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 *「心の闇」を語らず、感傷的・ナルシズム的に息子さんのことを触れている違和感に、彼の作品の胡散臭さを見てしまった。

 尚、首都大学東京の教授 鄭大均(ていたいきん)の、「姜尚中を批判する」(飛鳥新社)という本がある。右系の出版社であるが、客観的で納得できるものがあった。
 DSC_5876.jpg
 
 姜尚中の「在日」と「母ーオモニー」の作品を通して、読者を魅了する知的装飾と情緒性やロマンチシズム仕掛けで大衆化に成功している巧さがあると言い、彼の欺瞞性を批判している。
 
 *鄭氏は、「妻からは他人の批判をするのはやめろと再三言われたが、・・・」と、また、「東日本大震災はわれわれに多くのことを問いかけているが、岩手県生まれの筆者が宮沢賢治の『雨にも負けず』にこんなに親近感を覚えたことはない。」と巻末に書いている。
 鄭氏に私の感覚と通じるものがあり、親近感を覚えた。
 
 また、友人であった左系佐高信も、「母へ退行」・「恍惚と転進」という言葉で批判している。*的を突いていると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
     白秋も 心の闇を 葬りて
     逆縁を 活かす(生かす)作品 鉄仮面か 
 *この二句に私の批判が凝縮されています。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 暇にまかせて、彼の曖昧な表現に、そのミステリーを解き明かしたくて、プライベートなところに立ち入ってしまった。
 結果、勝手な推測的な批判なってしまったがいかがなものでしょうか。 *カン様フアンの方、ご容赦を! 
 
 逆縁は親にとって酷くつらいものですが、批判する私の方が冷酷なのでしょうか。
 
 *この記事を書き始めてから、私は姜尚中の呪いかのように体調が悪くなった。写真の彼のが恐ろしく見えるのは気のせいだけであろうか。

スポンサーサイト



姜尚中の本を読む。息子さんの死について①
2月18日
 
 実は、この記事は11月に書いていたものだが、私が体調不良となったため中断していたのである。その後、上下内視鏡検査につながったというわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
 姜尚中(かんさんじゅ)の最新刊、2018年「母の教え」を読む。
 DSC_5868.jpg

 「悩む力」などが有名だが、今まで政治学者の本など読む気はなかったが、大学を辞めて軽井沢の高原に移住し田舎暮らしを始めたというエッセイということなので読んでみようという気になった。

 結局は、亡き母の思い出に回帰することで田舎暮らしに老境(白秋)の心の平安を見いだそうとしている。終の住処(青山)で静かに生きていくことへの決意・心境を語っている。
 
 政治学者らしくなく、やや感傷的であるが、文学的な文章になっている。
 在日二世としての母国朝鮮半島の平和への願いの思いを交えながら、高原の自然の日々の暮らしを綴っている。
 
 その中で、時々息子の死について触れているのが気になる。

 そのうちの一つに
 「(息子は)極度の神経症に苦しめられた、彼の世界に巣くう孤独のムシを、私はどれだけ理解していただろうか。・・・ふと、息子の顔が浮かんでくる。
 
 真夜中、独り、家を出、夜が明けるまでひたすら歩き続け、我が家に辿り着く、息子の孤独の散歩。息子はきっと、自分のなかの孤独のムシを、必死に飼い慣らそうとしていたのかもしれない。疲労の果てに、床に着き、ぐっすりと寝入ってしまった息子の顔には、苦悩のカケラもない、安らかな幼子のような無邪気さが表れていた。」とある。

 さらに、
 「私はいつも、オリオン座の三つ星に目が向いてしまう。ひときわキラキラと輝く三つ星。息子の頬の左目の近くには、三つの小さなほくろがあった。・・・愛する息子はオリオンの三つ星になった。・・・冬の夜空は、切々として、心に沁みるひと時を与えてくれるのである。」と。
 
 また、東日本大震災に触れて
 「息子に先立たれ、深い悲しみというより、宙を漂っているような空虚感を覚えながらも、悲劇を封印したまま、外面を取り繕おうとしていた私にとって、東日本大震災の惨事は、魂が震えるような衝撃だった。戦後初めて体験する大量死と大量の行方不明者。 

 「何よりも、溺愛した一人息子は、今はいない。子に先立たれた親の悲哀は、言葉に尽くせない。死児の齢を数えることも苦しく、ただ忘却にすがろうとするだけだった。でもそうすればするほど、愛する者の記憶の輪郭は際立ってくる。
 
 東日本大震災がもたらしたおびただしい数の死者と残された者の喪失感に我が身を重ね合わせ、私は高度成長に彩られた戦後の申し子のような時代が確実に終わったと実感せざるをえなかった。」ともある。

 「私がメディアに露出する機会の多い国立大学の教授であり、またベストセラーの作者としても知られるようになると、家族の悲劇は、私たちの間だけに密封しておけなくなっていた。
 
 一部のメディアを通じて息子の死は、世の中にそのまま露出することになったのだ。そして知人から、私の家らしい家屋がネット上にアップされていると聞き、私は愕然とせざるをえなかった。」とあり、このことが軽井沢に引越すきっかけになったという。

 *姜氏がテレビなどで息子さんの死を公表していたので、知っていた。    
 
 2009年に26才で亡くなっている。神経症にかかっていて最後は呼吸困難で亡くなったという。
 「逆子で生まれてきて、羊水が肺に入ってしまい、保育器に長く入っていたため、神経系の接続が非常に悪くなったりする病気がある。それが大きな原因だったと思う」と言うだけであまり具体的には語ってはいない。
 
 *そこで、改めてネットで調べてみた。
 在日二世の姜氏が東大教授としてメディアに出、有名になってから脅迫状が届くようになり、在日三世の息子さんの心にはショックとなったのか、中学の時神経症といわれ多くの病院を回り、多量の薬を飲んでも治らず、引きこもり、高校を中退していた。
 
 母親に暴力をふるったりし、妻は宗教団体に入信した。息子さんが生まれたこと・生きることに悩み、自殺をしたことをテレビ・ラジオなどで語っている。息子の悩みに答えることが出来なかった。その心の葛藤の中、2008年「悩む力」を書いた。その時、息子さんはまだ生きていたのだ。
 
 さらに、2011年東日本大震災があって、2012年「続・悩む力」を書いた。死を4年間公表出来なかったともいう。
 *ネットでは息子を亡くした彼への批判、彼の反日への批判も多い。

 *神経症のことを調べてみた。
 ①不安神経症 ②恐怖症 ③脅迫神経症 に分類される。 
 これらは、心因性である。精神的にショックな出来事があった時などをきっかけに発病すると考えられる。過敏気質、家庭環境などが間接的な原因でもある。
 
 息子さんに考えられることは
 呼吸困難は②の恐怖症に当たる、いわゆるパニック障害である。夜の孤独の散歩も不眠障害とみられ②に当たり、引きこもりの特徴で人の目がない夜しか外出ができない。
 
 医師と相性が合わない場合は病院を転々とし、薬物依存になる。
 
 *精神分裂病的要素が加わる場合がある。若者の場合は暴力行為、自傷行為などが目立ち、治療も時には難渋する。思うようにならないいら立ちから弱い者へ暴力行為が及ぶ。
 
 *息子さんの場合は父親ではなく母親に。有名な親父に対する気持ちはいかがなものであっただろうか。売れっ子の姜氏は忙しいかも知れないが、どれだけ息子に寄り添ったのだろうか。

 *長く保育器の入っていたことは、赤ちゃんの脳神経に何らかの欠損を与えたのではないかと考えられる。姜氏の言う通り神経症の大きな原因かもしれない。
 
*そこには、氏家族の壮絶な戦い・ドラマがあっただろうことは想像できる。。しかし、彼は具体的には何も語っていない。
 
 本を出すことに忙しいようだが、彼は精神科的勉強をしたのだろうか。あんなに「愛する息子」と言っているのになぜ、息子を助けることが出来なかったのだろうか。違和感を感じる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
  次回に続く!
老境の 仲間集まり 馬鹿話し
2月11日
 前日に続いて、山歩きをする。
 
 二日酔いだが親友Tからの誘いで中央線の上野原から藤野にかけての500メートル前後の低山を歩く。
 昨日より寒い。歩いていくうちに酔いも抜けて調子がよくなる。雪を期待したが無い。

 鷹取山に着く
 DSC_5802.jpg
 中央沿線側の山を望む
 DSC_5804.jpg

 DSC_5808.jpg

 DSC_5810.jpg DSC_5813.jpg
 小渕山を経て岩戸山に着く。 丹沢大室山を望む
 DSC_5815.jpg
   山寒し 我らも寒し だが元気
 
 丹沢方面
 DSC_5817.jpg

 藤野駅に下る。八王子に出て、他の友人3人と合流してバーミヤンで呑む。*教員時代の同僚である。
 DSC_5819.jpg
 皆元気である。楽しいひと時であった。
   老境の 仲間集まり 馬鹿話し
  
 *あまりの楽しい爺さんたちの馬鹿話しに、隣の妙齢な御婦人が聞き耳を立て笑いをこらえていた。
   うらやまし 男はなんて 馬鹿なのか 
山と酒 心癒して 老二人
2月10日
 千葉県船橋から出て来ると例の弘法山に登る。寒波が来ているので寒い。
 
 コースの途中で地元の野菜を買う・・・菜花・カリフラワー・みかん
 DSC_5777.jpg DSC_5778.jpg
 大山・丹沢山塊
 DSC_5779.jpg
 
 左右に相模湾の江ノ島と丹沢山塊が見える所で、野外料理で呑むことにする。
 DSC_5790.jpg
 
 下ごしらえしてきたモツ煮込みを温める。酒は白ワイン・角瓶に入れてきた自家製のゴボウ焼酎。甘夏ミカンで割る。他に自家製チャーシュー、乾きものなど
 DSC_5780.jpg DSC_5781.jpg

 前は、キャンプしたくなる広場だ。買った野菜をラー油と醤油で炒める。
 DSC_5792.jpg DSC_5786.jpg
 
 寒いので、焼酎のお湯割りが進む。角瓶を全部開ける、飲み過ぎたようだ。少しフラフラする。
    山と酒 心癒して 老二人 
    寒中や 酒が進みて ふら酔いよ
    
 箱根山方面を望みながら帰るが、ふらついてよく歩けない。そこで、地元に住む弟の親友に電話をかけ車で迎えに来てもらい小田急線の駅まで送ってもらった。感謝!
 DSC_5800.jpg
    町灯り ありがたきかな 友の住む

   



 

春立つ日 極上の味 酒旨し
2月1日
 近くの地場産の野菜売り場にフキノトウが出た。 我が家の庭ではまだこんな感じ。 *散歩コースに明日葉が摘める所がある。
 DSC_5698.jpg DSC_5747.jpg

 フキノトウと明日葉の天ぷら、モツ野菜煮込み
 DSC_5700.jpg DSC_5703.jpg
   生きてるよ 季節の味に 幸感ず

2月2日
 地元の山弘法山に散歩。 看板に誘われ、例の隠れ家で春の山菜天ぷらで軽くビールを飲む。横にある無農薬の柚子ジャム200円も買う。   
 DSC_5718 (1) DSC_5723 (2)
   ふきのとう・菜花・こごみなど
 
 丹沢の山なみがいい
 DSC_5705.jpg
 遠く富士を望む
 DSC_5707.jpg
 私の好きな梢越しの青空だ
 DSC_5704.jpg
   
   早春の 冷気も楽し 散歩道

2月3日
 節分。年の数の豆をツマミとする。74個、いつのまにか齢をとったものだ。
 他にネギま鍋・・・マグロの切り落としを安く買う。ネギは無人野菜売り場で100円、泥ネギでどっさりある。青い部分も使う。
 DSC_5756 (1) DSC_5752.jpg
   豆食いて 加齢の思い 一段と
 
2月4日
 立春。紅梅が咲いている。
 DSC_5674.jpg
 我が家の梅はまだ、つぼみ。
 DSC_5765.jpg
   君たちは 春を忘れず 正直だ
 
 無人野菜売り場で、安いので白菜一株50円二つ買う。このところ白菜の浅漬けに凝っている。 
 おせちでも作ったが、私の好きな極上のツマミ、牡蠣煮と砂肝煮を作る。
 DSC_5767.jpg DSC_5766.jpg
   
   春立つ日 極上の味 酒旨し
   春立つ日 つぼみの君を 思い呑む
前回の続き ②第2問(小説)を解く
第2問 
 小説ならとっつきやすいと思います。暇がありましたらいかがですか。

 読みながら、出てきた記号順に解く。
 
 (ア) 問1 語彙問題・・・迷ったら、前後の文脈で!
 ②③のどちらか。③が正解。
 ②の「腕がよくて」は上手での意で、ここでは経験上慣れていての意で、③の「得意としていて」の方が前後に意味が通る。

 
 A 問2 ★小説の内容問題の選択肢は、本文に書かれている事実だけで決める。書かれていない推測的な記述箇所があるのは正解とはならない。この原則を当てはめると正解は決まる! 

 この場面での「」に対する記述を確認する。 *「妹」のベクトルだ! 21行目まで読むことになる。
 
 推測的な記述箇所をチェック・・・一か所見つければいい! 不適切チェックの消去法で決まる。
 ① 「これからは一緒にたくさんの野菜をそだてることで・・・」←書いてないから分からない、以下省略!
 ② 「気後れしていたが」 *「気がひけた」とは意味が違う
 ③ 特になし・・・正解の候補!
 ④ 「庭を一人占めしていることを妹から指摘されたような気持ちになり」
 ⑤ 「・・・妹の姿に将来の希望を見出したような思いになり」

 *③を正解とする。③の内容は21行目までにしっかり書いてあるよ。「慰めを求めているのは自分だけではないのだから・・・気遣いをしている。」とあるのに対応している。
 

 (イ) 問1 ①が正解。前につなげると、②③④⑤は意味が通りにくいことからも決まる。


 B 問3 
 「それは」の「それ」が指すものを意識する。前の「O君が・・月見草の大きな株を手いっぱいに持って、あがって来た」を指す。
 太字のキーワード(ベクトル)に触れている選択肢①と⑤に注目する。
 さらに、
 ① 「・・・爽快なものだったから」
 ⑤ 「・・・うれしいものだったから」
 の表現の違いに注目する。
 
 問いの「よろこばしい」のベクトルに対応している「うれしい」とある⑤がいい、正解。 *ベクトル法を使うと速いよ!
 
 
 C 問4 「妻」に関しての記述を追う。 *「妻」のベクトルだ! 92行目まで読む。
 
 選択肢をチェック。不適切チェックだ。本文にはない推測的な記述箇所をチェック。*問2と同じ作業をする!
 ① 「忘れようと努めていた妻の不在」 X
 ② なし 保留
 ③ 「しかし、」以下の内容 X
 ④ 「罪悪感を覚え」 X
 ⑤ 「妻がいつまでも退院できないのではないかという不安がふくらみ、・・・」 X

 ②が、「・・・妻のことを改めて意識して、その平穏を願い胸がいっぱいになっている。」とあって、92行目までの内容に沿っている。正解!


 (ウ) 問1 前の月見草の咲いている場面から、②がピッタリで決まる。


 D 問5 ここまで読んでくれば、不適切チェックできる。
 ① 極端な間違いはないが、保留!
 ② 明らかにX、問題外!
 ③ 「妻の病も回復に向かうだろうという希望をもった」 こんなことは書いていない。 X
 ④ マイナスのイメージになっている、方向違い。X 
 ⑤ 「自分と妻の将来に明るい幸福を予感させてくれた」 これもない。 X
 
 *結果的に、①が正解と決まる。
 「花の天国のよう」は、「憂いや心労に満ちた日常から自分が解放されるように感じた。」とあるのに、比較的対応している。
 実は、これも推測的記述であるのだが、比較の比重で消去法で譲歩するしかない。


 問6 改めて、確認するしかない。
 選択肢をチェック。
 ① 「妹の快活な性格を表現している」・・・これだけでは、分からない。
 ② 「印象深い記憶・・・強調している」・・・とは言えない。簡潔表現なだけである。
 ③ 「緊迫感を高めている」・・・そんな感じはしない。
 ④ 納得できる。適当!
 ⑤ 「次第に悪化していく過程を強調する表現」・・・大げさな選択肢だ。
 ⑥ 妥当である。

 *①②③⑤は、すぐに判断しにくいので悩まずに保留しておく。④⑥は、わりと読んでいて正解と分かるはず。
   実は①②③⑤は、④⑥と比較して推測的要素が強い、正解とはならない原則を知っていればすぐにXを付けられる。

 受験生は、15分から20分で解く必要があります。最近の問題は易しくなったとはいえ、やはり訓練したものが勝です。

・・・・・・・・・・・
 第3問(古文)、第4問(漢文)は一般的でないので公開しません。もう一つの受験用ブログ「センター国語満点作戦」方に公開する予定です。

 元予備校講師として、脳トレで遊んでみました。つまらんことをしました。
 次回から、通常のブログに戻ります。  
Copyright ©  酒呑童子(老人)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈