FC2ブログ
酒の肴としてのキュウリの食べ方 栄養孝
   酒の肴としてのキュウリの食べ方 栄養孝

6月28日
 もう一つのブログ、「センター国語満点作戦」の2019年度用が完成し、公開です。
                  ↑クリック
 *お近くの高校生・受験生がおりましたらお知らせください。
 
 間が空きましたが、「晩酌日記」を再開します。

・・・・・・・・・・・・・・
 酒の肴としての健康キュウリの食べ方をまとめてみよう。
 
 酒呑みは、塩分を摂り勝ちである。キュウリのもつカリウムが塩分を排出してくれてヘルシーである。簡単で、さっぱりしたツマミとして欠かせない。私は毎日食している。これからの夏場には特にいい。
 
 1 単純に味噌をつけるだけ *生味噌はイソフラボンが生きるのだ。
 
 2 トマトと一緒に酢で *トマトを入れるとキュウリのカリウムが失われるという。を入れるとその作用が消えないでトマトのリコピンもとれるという塩梅だ。
 
 3 ワカメと酢で *酢は減塩でヘルシーにつながる。シラスを入れてもいい、カルシウムが生きるよ。

 4 梅肉和え *和える・・・ビニール袋に入れてたたく。
 DSC_4343.jpg

 5 ピリ辛キュウリ *少しの塩とラー油で和える。ラー油は自家製で山椒入りである。これが一番好き。
 DSC_4152.jpg
   2と5
 
 今日は、ここまで!
スポンサーサイト
梅雨の晴れ間 奥多摩へ 男三人旅
   梅雨の晴れ間 奥多摩へ 男三人旅

6月16日
 奥多摩の常宿に教員時代の元同僚三人で行く。40年来の付き合いである。一年ぶりに会う。去年ブログにも書いたH氏馴染みの丹波山村のかどや旅館である。
 
 奥多摩駅から丹波行のバスに乗る。小雨が降っている。
 DSC_4257.jpg DSC_4258.jpg

 宿に着いて近くの温泉、のめこい湯に行く。
 80才のH氏は宿の優待券で無料、私は73才、T氏は65才で300円。Hは二年前に再婚し、若い奥様をいただく幸運の不良老人である。
 DSC_4287.jpg DSC_4263.jpg

 宿に戻り、宴会。
 この宿に何人もの友と来たものだが、いろいろとドラマがあり、亡くなったものもあり、結局、生き残ったのがこの三人である。
 
 まずは、ビールで乾杯。亡くなった友・我々の病気の話しでひとしきり。何とか無事で生きていることを喜ぶ。
 DSC_4266.jpg DSC_4267.jpg
 野菜の煮物、刺身コンニャク、のびる・枝豆・他  ごま和え・わらび
    
   生き残り 亡き友しのぶ 旅の宿
   老境に 無事を喜ぶ 友と酒

 DSC_4268.jpg DSC_4269.jpg
 イノシシ肉のチャーシュー      ヤマメの塩焼き
 DSC_4270.jpg DSC_4273.jpg
 茶碗蒸し                ヤマメと鹿肉の唐揚げ

 持ち込みの酒類・・・・・
 DSC_4271.jpg DSC_4278.jpg
 イタリアのワイン             日本酒 
 
 DSC_4284.jpg DSC_4283.jpg
 黒ごま焼酎         宿の主人も加わり、差し入れの澤ノ井
 
   山の幸 肴に友と 夜はふける 
 
 DSC_4280.jpg DSC_4274.jpg
 鴨鍋                   混ぜご飯

 DSC_4275.jpg DSC_4276.jpg
 漬物                    フルーツ
 
 DSC_4285.jpg
 手打ちそば

   酔うほどに 意識朦朧 寝ににけり
 
6月17日
 朝食
 DSC_4286.jpg

 丹波山村を散策。
 DSC_4294.jpg
     山河や 梅雨の晴れ間 爽やかに
  
 DSC_4289.jpg
     緑濃き 山々に風 穏やかに   
 
 再び温泉に
 DSC_4302.jpg
 DSC_4300.jpg
 DSC_4298.jpg
 
 風呂上がり、食堂で宿のおかみさんが持たせてくれた漬物で生ビールを呑む。
 DSC_4299.jpg

    風呂上がり 生ビール呑む 幸せよ
 
 T氏の奥様がイタリア制の赤いおしゃれな車で温泉まで迎えに来て下さって奥多摩駅へ。感謝!解散。
 DSC_4306.jpg
 
 宿のお土産のかぶ・生ワサビ・コンニャク・わらび、いつもいただいてうれしい。
 DSC_4307.jpg
   
   青春は まだ終わらない 男旅
   老境に いつまで続く 元気旅
花暦 紫陽花咲きて 六月に
    花暦 紫陽花咲きて 六月に

6月1日~8日
 6月だ。紫陽花の季節、近所を散歩して写真を撮る。紫陽花スライドショーと行こう。
 DSC_4204.jpg DSC_4147.jpg
 DSC_4148.jpg DSC_4149.jpg
 DSC_4170.jpg DSC_4171.jpg
 DSC_4199.jpg DSC_4200.jpg
 DSC_4206.jpg DSC_4207.jpg

    花暦 紫陽花咲きて 六月に
    紫陽花や 花嫁のごと 華やかに

6月4日 
 我が家の庭は、いつの間にかドクダミだらけ。摘んで洗って干す。
 DSC_4155.jpg
 DSC_4160.jpg

 豚肉のやきとり・・・塩と一味唐辛子・からしで
 DSC_4165.jpg DSC_4164.jpg

6月6日
 メカジキのステーキ・・・ワサビで、サラダ・油揚げ・ピーマン焼き。
 DSC_4168.jpg DSC_4167.jpg

6月8日
 ラッキョウを漬ける・・・醤油・鷹の爪一つ・日本酒で
 あしたばの天ぷら、甘塩鮭焼き。
 DSC_4211.jpg DSC_4213.jpg 
 DSC_4218.jpg DSC_4216.jpg

6月9日
 干しあがったどくだみを煎ってどくだみ茶を作る。
 DSC_4212.jpg DSC_4222.jpg
    どくだみで 毒を出したい 安倍麻生  
 
 牡蠣の酒蒸し・・・ポン酢醤油で、枝豆。
 DSC_4225.jpg IMG_20180611_025133.jpg
    うれしいよ 枝豆が旬 酒旨し

6月10日
 どくだみ茶に宝焼酎25度とグラニュー糖を入れてどくだみ酒を作る。父の日か、娘からビールが届く。
 DSC_4238.jpg

 DSC_4231.jpg
 特別限定醸造 スーパードライ ジャパンスペシャル 国産原料100% とある。
 *実は、スーパードライは旨くないのである。椎名誠も言っている。だが、うれしいではないか。

・・・・・・・・・・・・・・
 *安倍首相は映画「万引き家族」でカンヌ映画祭の最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督に祝意を示していないのが批判されている。
 今回のことは、人気取りで国民栄誉賞を乱発したり、金メダリストやノーベル文学賞の英国籍のカズオ・イシグロ氏に祝意を述べているのに対して一貫性がない偏りを感じる。*ノーベル平和賞を受けた非政府組織核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に対しても沈黙している。
 
 政権批判したからか、狭量なお坊ちゃまである。
 相変わらず、外交に逃げて税金の無駄遣いをしている。子供だまし政治をしているのが見え見えであるが、愚民には見えないらしい、ジレンマである。
    
    権力者 愚民が支え 傾国に 
 新聞の時事川柳に
    傾国は むかし美人で いま私人

 *米朝首脳会談拉致問題でトランプ頼りの安倍首相のメンツが立つか、見ものである。日本は相当金を使うのであろう。

 さて、野蛮人商売人トランプと臆病冷酷金正恩の対決はどうなりますか。
 結局、両者パフォーマンスに終わるだろう。期待はできない。安倍は馬鹿を見るだろう。
Copyright ©  酒呑童子(老人)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈