節分・立春 模様
    節分・立春 模様

2月3日 
 節分
 つまみは、メザシと豆まきの豆。焼酎の福茶割りを呑む。
 
 *福茶・・・服茶の服が福に通じる事から福茶に転じて、おめでたい時に飲むようになった。縁起をかついで、梅干し・昆布・大豆を茶の中に入れて飲む。
 
 DSC_2686.jpg DSC_2689.jpg

   節分に 豆巻きむなし 福は内 *この数年福はなし   
   節分に せめても酒は 鬼殺し
 
2月4日
 立春。夕方、散歩に出る。頭が痛くなるほど風が冷たい。春は名のみだ。
 
 DSC_2683 (1)
   春立つ日 蝋梅一人 がんばるよ
   
   寒入りて 春は名のみの 早春賦  
  
 
 DSC_2703.jpg
   富士横に 金時山に 玉光る *17時5分、弘法山コースの浅間山から撮影。
  
 春の食材で呑む・・・菜花のおひたし、ふきのとうの天ぷら。鳥の手羽中・シイタケ焼き、酒は寒中梅。
 DSC_2705.jpg DSC_2709.jpg
 DSC_2706.jpg DSC_2708.jpg
    寒中梅 春を食して 酒旨し   
スポンサーサイト
Copyright ©  酒呑童子(老人)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈