年の瀬に おせちの肴 作り置く
   年の瀬に おせちの肴 作り置く

12月26日 
 近くの日帰り温泉入り口の門松年の瀬である。
 DSC_2085.jpg
 
 チャーシュー風煮豚(ヒレ肉)を作る・・・生姜・ニンニクのすりおろし、日本酒・みりん・胡椒。牡蠣の佃煮(醤油・みりん・日本酒・生姜スライス・鷹の爪)を作る。  
 DSC_2068.jpg DSC_2069.jpg
 DSC_2059.jpg DSC_2062.jpg
 
 晩酌・・・ゆで豚の玉ねぎ・ブロッコリー添え、ゆずポン酢醤油ドレッシングで。

12月27日 
 山椒入りかえりの佃煮(醤油・みりん・鷹の爪)を作る。数の子の塩抜き。
 DSC_2072.jpg DSC_2126.jpg

 晩酌・・・海鮮鍋、セロリの葉の天ぷら。

12月28日 
 スモーク風豚レバー煮を作る・・・生姜・ニンニクのすりおろし、日本酒・みりん・胡椒。 松前漬けを仕込む。
 DSC_2078.jpg DSC_2081.jpg 
 DSC_2083.jpg DSC_2127.jpg
 
 *夕方、写真を撮りに行く。権現山からの富士・箱根の夕映え 
 DSC_2099.jpg
 DSC_2113.jpg
  日も年も 暮れゆき近き 夕映えよ 
 
 晩酌・・・もつ煮込み、厚揚げ焼き、他。 

12月29日
 鮎の丸干しの佃煮を作る。数の子の味付け・・・醤油・日本酒・みりん・鷹の爪・かつおだし・柚子の皮。田作りの準備。
 DSC_2118.jpg DSC_2125 (1)
 DSC_2131.jpg DSC_2130.jpg

 晩酌・・・サバの干物焼き、ブロッコリー蒸し、他。

12月30日
 野菜を買いに行く。年の瀬は高いので、農家の無人売り場に行く。100円から200円で買える。大根・ねぎ・キャベツを買う。
 
 近くにある陣屋という老舗旅館の門松である。名人戦などの対局が行われる。
 DSC_2132.jpg
  門松に 準備整う 年の瀬か
 
 サザエの佃煮を作る・・・日本酒・みりん・醤油・生姜・鷹の爪。芝エビのつくだ煮・・・日本酒・みりん。ゴボウ・レンコンのきんぴら・・・日本酒・みりん・鷹の爪・かつおだし。大根のシソ梅漬け。田作りの完成。
 DSC_2135.jpg DSC_2138.jpg
 DSC_2140.jpg DSC_2143.jpg
 DSC_2145.jpg DSC_2147.jpg 
 DSC_2146.jpg DSC_2151.jpg

 *これらは、大晦日・正月の酒の肴である。安価・無添加で自分で作るのが酒呑老人のこだわりであり、楽しみなのである。
 
  年の瀬に おせちの肴 作り置く  酒呑老人
 
 晩酌・・・豚の生姜焼き、野菜サラダ(キュウリ・長芋・大根)、納豆。

・・・・・・・・・
 *大晦日版・年賀状を1月1日午後、公開予定をしています。天候で大晦日の入日が撮れそうもない、元旦の日の出は撮れそうです。
スポンサーサイト
クリスマス・イブ *続き追加
     クリスマス・イブ

12月23日 
 箱根大涌谷の煙が見える。 夕刻
 DSC_2026.jpg

 肉野菜炒め、他。

12月24日
 クリスマス・イヴ、近くの団地のイルミネーション。都会ではさぞかし、きらびやかであろう。
 DSC_2027.jpg
 
 いつも思うのだが、特に木に巻きつけているのはどうか、木も迷惑、虚飾の美だ、人間の自己満足だ。自然の美を知るものには痛ましい。

 山下達郎の「クリスマス・イブ」が流れる。「きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ」と。若者たちはデートに走った。レストラン・ホテルへと。ブームに弱い若者たちのエネルギーと金が消費される。いい思いをしたのは誰か、男か女か商売人か。
 ま、どうでもいいか。

  クリスマス 家族で過ごす 聖夜かな
  クリスマス 性夜を過ごす 青春か  *うらやましい。
  若者よ 孤独のイブも 青春よ    *私もそうだった。
   
 刺身用マグロのさくをステーキに・・・オリーブオイル・ニンニク・塩コショウ味で、ゴボウの煮物、その他。 
 DSC_2035.jpg DSC_2032.jpg

 DSC_2036.jpg DSC_2037.jpg コンビニの安ワイン
  
  クリスマス イブ何もなし 一人酒   *チキン・ケーキ・飾りもなし。 
  イブの酒 せめてワインで 乾杯だ  酒呑老人
  
 実は、12月25日は私の誕生日、結婚記念日でもある。特に、めでたい日なのである。
 難病の病人を抱えているために、ここ数年は祝うことはない。
 25日に母の病院に見舞うのが恒例である。私は73才、母は93才になる。

  誕生日 母を見舞うは クリスマス 
  誕生日 われ生みし母 しみじみと

  キリストに なれぬ凡人 呑兵衛に

12月25日
 母の病院へ。
  DSC_2040.jpg DSC_2041.jpg
  
  病室の 飾りむなしき クリスマス
  産みし母 認知世界に 遊びをり
  
 
 しかし、帰る時、「さびしい、帰らないで」といつも言う。 
  晩年の 母の人生 さびしきか
  帰るのも 母を残して 後ろ髪 
 再び、無縁坂
      
 
 帰りにちょっと品良く呑む。冷酒に合う肴を少し。
 DSC_2044.jpg DSC_2045.jpg
  生シラスの刺身            ながらみ貝

  母想い 一人で祝う 誕生日
  誕生日 親父の年を 越へにけり
  
柚子風呂で 心身癒す 冬至かな
   柚子風呂で 心身癒す 冬至かな

12月20日 
 ふきのとうが売っている、早い、買う、天ぷらに。大根とちくわの煮物。
 DSC_1995.jpg DSC_1961.jpg

12月21日
 予備の食材、サラミソーセージ・魚肉ソーセージが賞味期限切れだ。鉄板で野菜と焼いてツマミとする。
 IMG_20171222_153638.jpg DSC_1999.jpg

12月22日 
 風がない、小春日和だ。今日は冬至。近所を少し歩く。
 庭のキンカン・山茶花
 DSC_2000.jpg DSC_2002.jpg
  けなげにも 季節忘れぬ 者たちよ
 
 イチョウは丸裸
 DSC_2009 (1)
  小春日に 銀杏は裸 日向ぼっこ
 
 今日の大山
 DSC_2007.jpg
  小春日に 冬至の山も 暖かき
  
 夕方、富士を覗く。
 DSC_2022.jpg
  夕日背に 影法師のごと 富士の山 
 
 冬至の食材、ゆずを使う。・・・ダイコンサラダ柚子の皮添え、納豆ゆず入り、さば味噌煮缶ゆず生姜入り、カボチャ煮。
 DSC_2012.jpg DSC_2015.jpg
 DSC_2018.jpg DSC_2017.jpg
 DSC_2023.jpg DSC_2024.jpg

  柚子かぼちゃ 色暖かき 冬至かな
  柚子の皮 削りて添える つまみかな 
  焼酎に 柚子絞り呑む ソーダ割り

  柚子風呂で 心身癒す 冬至かな  *カピバラ、君もそうか。
  柚子の香に 今日も生きてる 冬至かな 
  金はないが 季節を食べる 幸はあり
 
 *見てくれが悪いが、質素でヘルシーです。
聖峰 みかんの丘
      聖峰 みかんの丘

12月18日 
 冬晴れの冷気の中、出かける。弘法山の続きに聖峰(ひじりみね・375メートル)という山がある。地元の信仰の山だ。

 頂上には小さなお堂がある。ミカンの丘でもある。13時に出て15時半に着く。霞んで江ノ島が見える。
 DSC_1929.jpg DSC_1940.jpg
 
 DSC_1949.jpg
 
 
 
 DSC_1945.jpg
   冬晴れの 低山歩き 快適だ

 DSC_1956.jpg
 振り返ると、左から聖峰・大山が見える。

 国道246沿いの回転寿司に寄る、16時半。
 DSC_1958.jpg
 晩酌セット900円+茶碗蒸し

   山歩き 回転寿司で 孤独酒
   ちょい呑みに 回転寿司の 気楽さよ

 *受験生用ブログ「センター試験 満点作戦 国語」 最終号 公開中!
冬暮れて おでんの湯気に 癒し酒
     冬暮れて おでんの湯気に 癒し酒      

12月15日 
 餃子、カキフライ、ブロッコリーレンジ蒸し。*何故か、普段食べない餃子が食いたくなった。冬に備えて体が油ものを求めるのか。
 DSC_1902.jpg DSC_1903.jpg

12月16日 
 午後、散歩に出る。例の弘法山コース、薄曇りである。運動のため登り下りが大事なのである。
 DSC_1905.jpg
   生きるため 落葉の山路 登りゆく
 
 DSC_1910.jpg
    落葉敷く 野仏の道 下りゆく 
 
 DSC_1915.jpg
   冬枯れの さっぱりと煙 上がる里
   
 DSC_1916.jpg
    冬仕込み 大根を干す 里の家

 *政府は増税を打ち出した。庶民から吸い取り、相変わらず富裕層が優遇されている。
 増税の方針を選挙の時には黙っていて、選挙後はこれだ。国民を愚弄している。
   
   増税や 選挙勝たせた 愚民かな
 
 おでん(ダイコン・ちくわ・かぶ・里芋・砂肝・昆布・あたりめ)。*アタリメはダシとしてコク(濃)が出る。
 DSC_1919.jpg DSC_1918.jpg
   冬暮れて おでんの湯気に 癒し酒

12月17日 
 鳥のむね肉煮、大根の葉炒めじゃこ入り、厚揚げ焼き、ブロッコリー・カリフラワーのレンジ蒸し。*大根の葉を捨てずに利用する、ツマミの一品となる。
 DSC_1920.jpg DSC_1921.jpg
 IMG_20171217_170917.jpg DSC_1923.jpg 
   大根葉 今日も暮れゆき 生きている
私は 元気です
        私は 元気です 

12月12日 
 富士山の雪がなくなっているとニュースで言っている。夕方、家からわずかに見えるのを見る。本当に上の方はないようだ。これは前日の強風で吹き飛んでしまったのだ。珍しい。
 DSC_1851.jpg DSC_1869.jpg
   夕方・翌朝

 大学のサークルOB会(65才以上)の会報誌、「頬白」(ホオジロ)が届く。参加できなかったが、「一筆啓上仕り候」(イッピツケイジョウツカマツリソウロウ)と鳴き声が聴こえるところから来ている。いい名前だ。写真が付いている。
   
   写真見る 青春の友 懐かしく
   老境の いない友の身 思ひけり
   それなりに 見る風貌に 時感ず
   ブログ見て 知ってよ私は 元気です 
  

 ねぎま鍋・・・マグロとネギでみりん・醤油味。
 DSC_1855.jpg DSC_1857.jpg

12月13日 
 植木屋に頼んで庭の大きくなり過ぎた大木を伐採し処理してもらう。
 地植えして15年のゴールドクレストだ。日除けで助かっていたが、幹が枯れてきている。この家を売る準備だ。事情があって東京に戻らなければならないのだ。
 DSC_1861.jpg 
 DSC_1860.jpg
 DSC_1872.jpg 
 DSC_1884.jpg

   伐採して 終の棲家も 断捨離か
   青空に 吊り上げられる さびしさよ
 
鳥のむね肉煮、野菜を電子レンジで5分・ゆずポン酢醤油で(かぶ・ブロッコリー)、他。
 DSC_1898.jpg DSC_1897.jpg

12月14日
 肉ネギ炒め、じゃこ・きんぴらごぼうセット。今日は特に寒い。いつも飲むビールはパスして焼酎のお湯割りを呑む。
 DSC_1900.jpg DSC_1899.jpg
   寒い日は お湯割りで呑む 焼酎だ 
夕映えの富士を撮りに行く
   夕映えの富士を撮りに行く

12月8日 
 豚のカシラのフライパン焼き、牡蠣煮、他。 
 DSC_1757.jpg DSC_1755.jpg

12月9日 
 天気がいい。介護人も落ち着いている。弘法山ハイキングから夕映えの富士を撮りに行く。
 初冬の大山・丹沢
 DSC_1768.jpg
 
  途中の看板
 DSC_1764.jpg
 
 14時に出て、15時半に権現山展望台に着く。16時から17時まで撮影。
 
 スマホでは限界がある。見た通りには映らない。
 DSC_1777.jpg
 
 DSC_1810.jpg

 DSC_1784.jpg
      箱根明神が岳
  頂きに 日沈むせつな 金の玉
 
 DSC_1796.jpg
   箱根駒ヶ岳・神山  明神が岳  金時山
   夕焼けや 眺める山に 金屏風

 DSC_1821.jpg
   
   刻々と 変わる景の美 日の力
 
 体が冷えたので、近くのジンギスカン料理の店 木里館(モクリカン)で酒を呑む。こんな山里で呑める店は珍しい。他の客は車で来ている。
 DSC_1823.jpg DSC_1830.jpg
  キノコの天ぷら盛り合わせ        ウインナーソーセージ  

 DSC_1824.jpg DSC_1828.jpg
   茶碗蒸し                  ギンナンの塩焼き

   夕闇に からだ温たむ ほっと酒よ

 夜道をヘッドランプで秦野駅まで歩く。1時間かかった。20時には自宅。
 ストレス解消!介護人のためにも長生きせねばならぬのだ。 
ただ 風が吹いているだけ
        ただ 風が吹いているだけ

12月5日
 2日、はしだのりひこが亡くなった。72才、青春の同世代だ。

 「風」は名曲、「振り返っても、ただ 風が吹いているだけ」とあるが、人生はそんなものかも知れない。
 は消えても無常の風は吹いている、一見変わらない風景がそこにはあり、続いている。ただ、それだけだ。
 
 今日は風が冷たい、木枯らしの風だ。
 
    
   風吹いて 歌が聞こえる 君の歌   合掌!
 
 作詞は北山修、優しい詩を書く人だ。「あの素晴らしい愛をもう一度」もそうだ。 
 
 高校の教員時代、合唱コンクールで生徒と一緒に歌った思い出がある。
 校庭のケヤキの大木がある、通称ゲーテの森でよく練習をしていた。
 
 その彼ら彼女らも60代、夕焼けを追いかけた青春は「もう戻らない」のか、やはりあの時もが吹いていた。この歌を聴くとあの懐かしい風の匂いがする。
 
 その生徒に今では有名になった華道家假屋崎省吾がいた。女性的なおとなしい感じのする子であった。彼の活躍は嬉しい。
    花好きな 優しい人は 華道家に
 
    
  
  作曲の加藤和彦も亡くなっている。優しい曲を作る人である。軽井沢のホテルで自殺した。弱々しい感じはしていたが。

 あなた方は作品を残した。人のにも残した。私は何を残すのだろう。
   優しさが 心に残る 歌作り
 
  夕焼け雲を見る。が吹いている。私はただ、を呑むだけ! 
 DSC_1724.jpg
   空の風 夕焼け雲に 跡を見る
   夕焼けに 青春はまだ 終わらない  *私の心意気
   亡き人を 夕焼け雲に 重ねけり 

 帆立貝焼き、ブロッコリーをレンジで2分30秒、他。
 DSC_1730.jpg DSC_1731.jpg
   酒呑むも あと何年と 思ひをり
   夕焼けに 酒を呑むだけ 外は風

初冬、秋色残る景・夕映えの富士を撮る。
11月27日
 ブリかま焼き、即席白菜漬け・・・塩・ゆず皮・鷹の爪
 DSC_1612.jpg DSC_1615.jpg

11月28日 
 レンコンのきんぴら、ゆで豚のカイワレ大根添え。
 DSC_1627.jpg

11月29日
 納豆ごはん、玉ねぎの卵とじスープ。*風邪気味なので酒はパス。
 
*即席松前漬けを作る・・・ニンジン・昆布・あたりめ・醤油・日本酒・鷹の爪。スルメでなくて市販のあたりめを使うのがポイント、主にニンジンを食べる。日本酒に合う。
 DSC_1713.jpg DSC_1629.jpg

11月30日 
 温豆腐・・・レンジで3分、鰹節パックと醤油で。いわし缶。
 DSC_1635.jpg DSC_1633.jpg

12月1日 
 鮭のカマ焼き、松前漬け風ニンジンと生姜の酢漬け、他。
 DSC_1645.jpg

12月2日 
 肉野菜炒め(豚肉・ピーマンなど)、松前風ニンジン漬け、他。
 DSC_1649.jpg

12月3日 
     初冬、秋色残る景・夕映えの富士を撮る。
 
 DSC_1654.jpg
  山里は 秋色残る 冬構え  大山・高取山
 
 DSC_1666.jpg
   箱根連山 右端は金時山
 DSC_1676.jpg
  冬来たり 夕暮れ速く 富士黒し
 DSC_1677.jpg

 振り返ると、月がいる。今夜はスーパームーンという、少しいつもより大きく見えるというがどうであろうか。
 DSC_1683.jpg
  満月や 今宵は少し 大きいの 
  夕暮れは 何かさびしい 酒呑むか
 
 サバ焼き、玉ねぎレンジ4分でマヨネーズ和え、他。
 DSC_1700.jpg DSC_1701.jpg 
                            とろける旨さがある

12月4日 
 鳥のむね肉とダイコン煮、納豆、松前風ニンジン漬け、他。*最近、鳥のむね肉が健康食でブームである。
 DSC_1703.jpg DSC_1702.jpg
Copyright ©  酒呑童子(老人)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈