母の日に思う。
5月14日
 母の日に思う。
 
 92才の母は介護病院に入っている。胃瘻でなんとか生きている。
 
 最近は認知症が進んできた。私が息子だということはわかるが、「どこに住んでいるの、奥さんはいるの」と聞いてくる。父親(夫)や孫の名前を挙げても反応しなくなった。
 
 見舞いに行くと、いつも「さびしい、帰らないで」と言って、私のシャツをつかんで体がますます小さくなり、骨と皮で血管が紫色に浮き上がっている手を離さない。帰れなくて1時間半ぐらいはいるが、つらい。母は横浜の家にはもう、帰れないのである。
 
 を失って30年経ち、気丈だった母は子供に戻っていく。駄々っ子である。
 病室には他に3人の90代女性がいるがしゃべることができないで寝たきりである。それに比べると、かすれてはいるが母の生の声を聴けるだけでもいい。

 今日は、妻に頼んで、がよく作ってくれた切り干し大根の煮物、ひじき煮で呑む。
 DSC_0605 (1) カーネーションではないが花を飾る。
 
 DSC_0344.jpg
 

 
スポンサーサイト
老人は鳥のむね肉を食べるのがよい。
5月9日 
ごぼう焼酎のゴボウできんぴらを作る。

5月10日
 我が家の庭のお茶の葉・山芋の葉・おかのり・ふきの葉・よもぎ、納豆の天ぷら、そら豆、カツオの刺身玉ねぎ添えで呑む。白鶴すっきり辛口、サントリーモルツザ・プレミアム香るエールを呑む。*普段は発泡酒である。定番のもつ煮込みを作る。
 DSC_0587 (1)

5月11日 
 1月15日の新聞を見て、2017年度センター試験の国語 第3問古文のブログ用の解説文を作成。
 もつ煮込み、ワラビとかぶの葉のごま油炒め、カブのサラダ、レンコンなどの煮物、サバの干物
 DSC_0602.jpg
 
5月12日 
 定番の薬をもらいに行く。日高屋で軽く呑む。
 DSC_0596.jpg

 晩酌・・・新聞のレシピで、アスパラとささみのわさびじょうゆを作る。*ささみの代わりにむね肉を使う。カブのサラダ、山芋。
 DSC_0590.jpg DSC_0603.jpg
 *鳥のむね肉の効用・・・安くて、良質なタンパク質である。筋肉をつくるのに最適と言われ、スポーツマンが積極的にとっている。筋肉の衰えやすい老人には特に、有効である。
DSC_0604.jpg

5月13日 
 第4問 漢文の解説文を作成。 *老人とは言え、ますます、頭脳明晰である。
 晩酌・・・鳥のむね肉のカイワレ大根和え、ワラビのごま油炒め、つぶ貝の塩茹で、他。 
 DSC_0606.jpg

Copyright ©  酒呑童子(老人)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈