センター試験 赤本などの過去問題集の事情
    センター試験 赤本などの過去問題集の事情

 本屋の学習参考書売り場に行くと、過去問題集が平積みに並んでいる。2018年版センター試験国語を見る。
 
 教学社の赤本と河合出版の黒本を見ると、定価は880円+税となっていて、この数年変わらない。
 
 他の大学の問題集は、1000円以上で高い。
 
 センター試験は、なぜ値段が変わらないのか、教学社と河合出版が競合しているからである。受験生には助かる。
 
 東進の緑本もある。値段は同じだが、7月頃に出る。後出しジャンケンである。10回分と量が少ない。受験生の実態に合わせて合理的で経営が上手い。
 
 以前は、駿台の青本があった。お高く止まっていて1000円以上であったが、当然売れない。内容もあっさりしていて物足りない。撤退した。

 河合出版が撤退したら、赤本の一人勝ちである。値段も上がる。頑張ってほしい。

 内容から見て、赤本、黒本、緑本を比べてみよう。私見だが、簡単に述べる。

 * 現代文は、緑本がいい。ネットで見ることができる。 赤本は素人の解説である。黒本は説明が面倒くさくて時間がかかり、実戦的でない。
 
 * 古文・漢文は、黒本が丁寧で圧倒的にいい。赤本はやはり、素人である。緑本は勉強不足で不安な感じがする。遅い出版は、そのせいか。

 * しかし、会社力で赤本が一番売れている。

 * 結論・・・古本屋で、去年版で安くあるものを買う。後は立ち読み、ネットで補足する。2017年度問題は東進のネットでプリントアウトできます。

 * 手前味噌になるが、私のもう一つのブログブログ塾 センター試験満点作戦 国語をプラスすることを勧める。

 代ゼミは撤退した。今や、予備校は、駿台、河合、東進の三大時代である。経営的戦いは厳しい状況である。
 
 一方、 政治は、自民党の一強時代である。これは国民にとっていいことなのか。二大政党制が望ましいのだが、民進党のセンスのなさが残念である。一連の学園問題、共謀罪など政権側の驕りが甚だしい。
 
 無知は多数決を支える危険がある。独裁はそれを利用する。世界も然りである。国民よ賢くあれ!教育者よ頑張れ!真実を教えろ!
 
 晩酌日記と関係ないこと述べてしまった。 元予備校講師の老婆心である。お知り合いの受験生に参考になればと思っております。
 
 
スポンサーサイト
旬の新玉ねぎが旨い。 R・S・Hが続く。
5月21日 さばの干物、新たまねぎのサラダ、納豆。
 DSC_0658.jpg  甘みがあって旨い。 

5月22日 第2問小説の解説文を作成。ゆで豚の新玉ねぎ和え、カブのサラダ、ひじき煮。
 DSC_0643.jpg

5月23日 サラミソーセージと魚肉ソーセージ入り野菜炒め、カブのサラダ梅酢ドレッシング、その他。

5月24日 さば・さけ焼き、春菊のおひたし、そら豆焼き

5月25日 サバ焼き、厚揚げ焼き、山芋、小松菜炒め(魚肉ソーセージ入り)

5月26日 洋風ひじき煮を作る。
 DSC_0654.jpg DSC_0650.jpg DSC_0655.jpg

5月27日 塩鮭焼き、新玉ねぎ・ピーマンのサラダ、納豆、その他。
 DSC_0660.jpg

5月28日 本屋に行く。そら豆焼き新玉ねぎ・大根のサラダ、その他。
 DSC_0645.jpg DSC_0662.jpg

*ブログ「センター試験 満点作戦 国語」の公開準備、赤本など過去問題集についてのコメントを補足する。

旬は、タケノコからそら豆へ。
   旬は、タケノコからそら豆へ。

5月15日
 246沿いのハードオフにCD・レコードを買い取ってもらう。華屋与兵衛で軽く昼食・・・お豆のサラダ、茶碗蒸し、ビール。
 DSC_0606 (1)

 晩酌・・・ブリかまの塩焼き、ニシンの刺身、カブのサラダ、そら豆

5月16日
 晩酌・・・厚揚げ焼き、茹で豚のカイワレ大根和え、その他。

5月17日 
 246沿いのハードオフにカメラ用の三脚、他を買い取ってもらう。JAで野菜を買う。 断捨離進む。バーミヤンで軽く飲む。・・・グラスビール、おつまみセット、肉キュウリ。

 晩酌・・・海鮮鍋、そら豆、ウドの若芽・アイスプラント・お茶の新芽の天ぷら。
 DSC_0609.jpg

5月18日 
 2ヶ月に1度の東京の中野の歯医者に行く。母親の入院している病院に行く。新宿の立ち飲み屋によって帰る。

5月19日 
 センター試験国語 第1問現代文・評論の解説文を作成。
 晩酌・・・鳥のむね肉のわさび醤油和えカイワレ大根添え・カブのサラダ、他。

5月20日
 運動不足なので、弘法山ハイキングコースに行く。
 DSC_0612.jpg
    権現山展望台

 めん羊の里きり館で昼酒を呑む。・・・キノコ5点盛り天ぷら(シイタケ・舞茸・エノキ・エリンギ・しめじ・ニンジン・ピーマン)、ざるそば、ビール大ジョッキー。丹沢の山並みを見ながら、ウグイス鳴く。暑かったのでビールが旨い。
 DSC_0621.jpg DSC_0627.jpg
  DSC_0624.jpg DSC_0628.jpg

 晩酌・・・岩ガキ、うどの若芽の胡麻和え、ウルイのおひたしマヨネーズ和え、そら豆
 DSC_0631.jpg DSC_0638.jpg
 DSC_0629.jpg DSC_0635.jpg
 DSC_0634.jpg DSC_0636.jpg
 
 *は、前立腺がんの手術の後遺症で苦しんでいる。頑張っている。私は優雅そうだが、これは一部の表の姿である。人生には裏の苦しみもあるのだ。酒呑老人は、今日も黙って呑む。 →ブログ バカも一心  


母の日に思う。
5月14日
 母の日に思う。
 
 92才の母は介護病院に入っている。胃瘻でなんとか生きている。
 
 最近は認知症が進んできた。私が息子だということはわかるが、「どこに住んでいるの、奥さんはいるの」と聞いてくる。父親(夫)や孫の名前を挙げても反応しなくなった。
 
 見舞いに行くと、いつも「さびしい、帰らないで」と言って、私のシャツをつかんで体がますます小さくなり、骨と皮で血管が紫色に浮き上がっている手を離さない。帰れなくて1時間半ぐらいはいるが、つらい。母は横浜の家にはもう、帰れないのである。
 
 を失って30年経ち、気丈だった母は子供に戻っていく。駄々っ子である。
 病室には他に3人の90代女性がいるがしゃべることができないで寝たきりである。それに比べると、かすれてはいるが母の生の声を聴けるだけでもいい。

 今日は、妻に頼んで、がよく作ってくれた切り干し大根の煮物、ひじき煮で呑む。
 DSC_0605 (1) カーネーションではないが花を飾る。
 
 DSC_0344.jpg
 

 
老人は鳥のむね肉を食べるのがよい。
5月9日 
ごぼう焼酎のゴボウできんぴらを作る。

5月10日
 我が家の庭のお茶の葉・山芋の葉・おかのり・ふきの葉・よもぎ、納豆の天ぷら、そら豆、カツオの刺身玉ねぎ添えで呑む。白鶴すっきり辛口、サントリーモルツザ・プレミアム香るエールを呑む。*普段は発泡酒である。定番のもつ煮込みを作る。
 DSC_0587 (1)

5月11日 
 1月15日の新聞を見て、2017年度センター試験の国語 第3問古文のブログ用の解説文を作成。
 もつ煮込み、ワラビとかぶの葉のごま油炒め、カブのサラダ、レンコンなどの煮物、サバの干物
 DSC_0602.jpg
 
5月12日 
 定番の薬をもらいに行く。日高屋で軽く呑む。
 DSC_0596.jpg

 晩酌・・・新聞のレシピで、アスパラとささみのわさびじょうゆを作る。*ささみの代わりにむね肉を使う。カブのサラダ、山芋。
 DSC_0590.jpg DSC_0603.jpg
 *鳥のむね肉の効用・・・安くて、良質なタンパク質である。筋肉をつくるのに最適と言われ、スポーツマンが積極的にとっている。筋肉の衰えやすい老人には特に、有効である。
DSC_0604.jpg

5月13日 
 第4問 漢文の解説文を作成。 *老人とは言え、ますます、頭脳明晰である。
 晩酌・・・鳥のむね肉のカイワレ大根和え、ワラビのごま油炒め、つぶ貝の塩茹で、他。 
 DSC_0606.jpg

若葉が美しい奥多摩の幸を堪能 丹波かどや旅館
5月6日
 
 40年来の親友2人とご家族の女性2人と奥多摩駅で待ち合わせる。
 

 丹波行きのバスに乗り終点で降りる。丹波山村の若葉が美しい。
 DSC_0523.jpg
 
 常宿のかどや旅館である。料理がすばらしい、教えたくない所である。
 DSC_0548.jpg DSC_0514.jpg
               お茶請け・・・干柿、梅の甘酢漬け

 丹波山温泉のめこい湯に行く。ツルツル・スベスベの湯である。
 DSC_0526.jpg
 
 宴会
 DSC_0529.jpg DSC_0530 (1)
 1 ノビル・ゆり根・イタドリ        2 煮物・・タケノコ・ウド・フキなど

 DSC_0535.jpg DSC_0536.jpg
  3 刺身コンニャク・わさび菜       4 ワラビ

 DSC_0533.jpg DSC_0534.jpg
   5 ヤマメの塩焼き             6 茶碗蒸し・胡麻和え

 DSC_0539.jpg DSC_0543.jpg
 7 天ぷら・・タラの芽・こごみ、鹿肉ジャーキー。 8 ぬか漬けがおいしい

 DSC_0542.jpg DSC_0531 (1)
  9 筍ごはん                     10 鴨鍋  

 IMG_20170508_123534.jpg
  11 デザート           

 DSC_0537.jpg 
 持ち込んだ海老名の泉橋酒造のとんぼラベルの辛口純米が旨い。知る人ぞ知る銘酒である。

 他に、12  けんちん汁、仕上げに13 手打ちそばが出たが、酔って写真を撮るの忘れてしまった。

 気心の知れたと語るのは、楽しい。今回の旅を設定してくれて、感謝!

5月7日
  
 翌日、丹波山村を散策。道の駅たばやまでタケノコ、ワラビ、わさび漬けを買う。
 DSC_0566.jpg
 
 帰って、早速、タケノコとワラビをあく抜きなど処理する。

 茹でたタケノコを刺身として、かどやさんのお土産の本わさびで食す。根っこの硬いところはステーキ風にして・・・オリーブオイルで焼き、仕上げにそばつゆで少し煮込む。木の芽が生きる、実に旨い。
 DSC_0557.jpg
 DSC_0558.jpg DSC_0559.jpg

  温泉で昼酒を呑んだが、晩酌をする。酒呑老人は止まらない。

5月8日
 
 このブログ作成。
 
 晩酌・・・丹波山村の産物で呑む。
 DSC_0567.jpg
 刺身コンニャク・本わさび・山椒の佃煮・タケノコの刺身・わさび漬け・木の芽・タケノコのステーキ・ワラビのおひたし

風薫る五月・・・藤の花・筍ごはん、そして柏の葉と鯉のぼり。
5月1日 
  近所の藤の花が見事だ。
 DSC_0386.jpg

  山椒続きで、筍ごはんを作る。・・・油揚げ・ニンジンを入れ、そばつゆで味付けて炊く。
  エシャレット、そら豆、さばみりん焼き。
  DSC_0457.jpg DSC_0454.jpg DSC_0404.jpg DSC_0452.jpg

5月2日 
 カツオの刺身・・・にんにく醤油で。春菊のサラダ・・・オリーブと醤油のレッシングで。*写真省略。
 
5月3日 
 豚のカシラのフライパン焼き(塩味)、カブのサラダ(梅酢ドレッシング)、生ワカメ(酢醤油)、山椒の佃煮、その他。
 DSC_0465.jpg DSC_0459.jpg DSC_0460.jpg 

5月4日 
  DSC_0490.jpg DSC_0496.jpg DSC_0498.jpg
 みどりの日、我が家も緑。
 おつまみセット刺身、新玉ねぎとカイワレ大根のサラダ、つまみ3点セット(ちりめんじゃこ・山椒の佃煮・ホタルイカの生姜煮)、カキフライ。

5月5日
 鯉のぼり、舞う。              我が家の柏の木
 DSC_0474.jpg DSC_0504.jpg
 
 DSC_0507.jpg
 柏の葉は枯れてもいつまでも落ちないで新しい葉が出て成長するまで残っている。そこから、子孫繁栄・寿命の意味が込められていて、柏餅は縁起よい食べ物とされる。葉は古代より、神へのお供えの器として使われ神聖なものとされる。
 
 *我が家では、寿命を願って菖蒲湯の代わりに柏の葉湯に入る。本当に、5月5日頃には忘れずに立派に成長する。毎年感心する。
 
 菖蒲湯はいろいろ説があるが、葉がに似ていることから邪気払いの意味がある。根には薬効があり、健康を願う意味もある。 
 
 今日は、柏の葉に酒のを盛る。・・・切り干し大根の煮物・山椒の佃煮、柏餅。カツオの塩焼き、油揚げ焼き、新玉ねぎとカイワレ大根のサラダ、ニラ入り納豆。 
DSC_0509.jpg DSC_0510.jpg

   
我が家の庭の草を酒の肴の一品とする。
4月27日 
 那須雪崩事故1ヶ月。新聞に記事がある。捜査、検証の進み具合が遅いと感じる。*クリック→ブログ 参照!
 
 テレビのニュースでは遺族の献花台で祈っている姿が映し出される。早く真実を明らかにしてほしい。先生方真実を語ってほしいと訴える。

 特に、先頭を行った真岡高校の先生のコメントがないのが不思議だ。口止め・共謀・罪逃れ・保身・癒着の臭いがする。

4月28日 省略。

4月29日 
 我が家のの草を酒の肴の一品とする。春は野の草を食べたくなる。苦い味がたまらない、体が求める。
 
 DSC_0406.jpg  DSC_0401.jpg
 茶の新芽、フキの若葉、山椒の木の芽、雪ノ下、ドクダミを天ぷらにする。*特に、茶の新芽の天ぷらが、爽やかで上品な味がして旨い。
 
 DSC_0400.jpg  DSC_0413.jpg
 フキの茎はキャラブキにする。・・・湯がいて、醤油・日本酒・みりん・味の素で煮詰める。*日本酒に合う。

4月30日 
 山椒で思い出す。いつも行くハイキングコースに山椒の木があって、大量に採れる秘密の場所がある。

 天気がいい。運動を兼ねて出かける。
 DSC_0423.jpg DSC_0431.jpg DSC_0436.jpg   
   *ヒント・・・この付近である。                   
 
 山椒の佃煮を作る。・・・湯がいて、醤油・日本酒・みりん・味の素で煮詰める。*日本酒に合う。
 DSC_0444.jpg DSC_0445.jpg
    
Copyright ©  酒呑老人(しゅてんろうじん)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈