漱石先生曰く、「胃弱には晩酌が一番だと思ふ」と。
3月24日
 中野の家の整備に行く。いつもの一番館で呑む。

3月25日 
 沈殿、ブログ作成。
 晩酌は・・・サバ缶、納豆、菜の花のおひたし、たまごスープ。 

3月26日  漱石先生曰く、「胃弱には晩酌が一番だと思ふ」と。 
 漱石の「吾輩は猫である」を読み終える。途中で飽きたので、後半は流し読みする。39才のデビュー作である。
IMG_1720.jpg
 
 「吾輩は猫である。名前はまだない。」の書き出しは有名である。
 
 当時としては、猫の目を通して描く発想は新鮮である。学識がほとばしる文章であるが、登場人物との会話が長すぎて飽きがくる。
 落語調でテンポがよく、寅さんの喋りを思い出すところがある。
 
 猫の人間観察をユーモラスに描いている。特に、猫とメスの三毛子の会話は面白い。
 
 漱石は胃弱で苦しんでいた。
 
 猫の主人をとおして、「久し振りで正宗(日本酒)をニ三杯飲んだら、今朝はの具合が大変いい。胃弱には晩酌が一番だと思ふ。タカヂャスターゼは・・・利かないのだ。・・・・・これからは毎晩ニ三杯づつ飲む事に仕様。」と言わせている。
 
 作者の言葉遊びが目立つが、社会批評、文明批評となっている。そこに、漱石の抜きん出た知識人としての苦渋が見える。

 晩酌は・・・手羽先煮、春菊の小エビ入りのかき揚げ、ほうれん草のおひたし、納豆、ひじきごはん。日本酒、ごぼう焼酎。

3月27日 雪崩事故で遭難、春山講習の高校生ら8人死亡
 冷たい雨、雪交じり。午後、晴れる。陽射しがまぶしい。ライン設定に苦労する。もつ煮込みを作る。
 
 雪崩事故起きる。春山講習の栃木県の高校生ら8人死亡。父母の郷里で従兄弟たちの出身高の大田原高校生である。なんとも、痛ましい。

 晩酌は・・・アジの干物、もつ煮込み、油揚げ焼き、玉ねぎ炒め、ひじきごはん。日本酒、ごぼう焼酎。
スポンサーサイト
Copyright ©  酒呑老人(しゅてんろうじん)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈