なかにし礼 戦争を知っている子供たちと「リンゴの唄」
     戦争を知っている子供たちとリンゴの唄

8月14日 
 アジの丸干し、キュウリのサラダ(玉ねぎ・ゴーヤ・生姜・大葉・梅肉)酢醤油がけ、納豆オクラ入り、がごめ昆布とろろのお吸い物、きんぴらごぼう、ナシ・スイカ。
 DSC_0935.jpg DSC_0937.jpg

8月15日 終戦記念日 
 *ネットの記事で書かせていただきます。
 
 72年前1月、敗戦直後、悲しみと絶望に打ちひしがれていた日本人の心に「希望のそよ風」を運んだ一曲の歌が発売された。 
 
 「リンゴの唄」である。優しくも少し切ないメロディーを並木路子が明るく歌い上げて戦後の苦境を生きる人々の心に希望をあたえたのだ。
 
 可憐な少女の思いを赤いリンゴに託して歌う歌詞が、終戦後の焼け跡の風景や戦時下の重圧からの解放感とうまく合っていたのと、敗戦の暗い世相に打ちひがれた人々の心に明るくさわやかな歌声が沁みわたり、空前の大ヒットとなった。
 
 作曲家の万城目正が、あえて、明るく歌わせて心躍らせるような明るい歌声が生まれたという。
 http://www.tapthepop.net/imanouta/39892
 当時、サトウハチローが灯火管制の暗幕の下で、敗戦の2ヶ月前作詞したものだという。戦時中だったので「軟弱すぎる」という理由で検閲不許可とされていたらしい。

 *ここから、東京新聞の8月15日の記事の引用で書きます。
 
 作詞家、なかにし礼さんは78才。私より6才上である。6才の時、満洲から引き揚げてきたときの残酷な体験、地獄絵図のような戦争の闇を語っている。
 
DSC_0939.jpg
  *尚、隣の小田島雄志さんも満洲引き揚げ者であった。私の大学の時の英語の先生であった。33才であったのだ。私は19才、当てられのをビクビクしていたものだ。
 
 少年心にも、生きていてもしょうがないと。夜の暗い甲板から姉と一緒に死のうとした時、船員さんに止められます。『リンゴの唄』を聞かされ、「君たち、死んではいけない。今、日本では皆この歌を聞きながら、焼け跡から立ち上がろうとしているんだ」と。

 僕は、なぜ平気でこんな明るい歌が歌えるんだろう、と思いました。僕らは玄界灘の真っ暗な海の上をさまよい、まだ戦争は終わっていない。なのに日本人はもう新しい出発をしている。悲しくて。僕にとってとても残酷な歌でした。
 ・・・・日本人の得意技ですが、過去を忘れるのが早すぎないでしょうか。私たちはいまだにそうした『リンゴの唄』を歌い続けているわけですよ。
 ・・・戦争を知らない人たちが戦争を云々しているのは危険だなと思いますね。

 *このように「リンゴの唄」に対する思いが違うのだ。
 
 当時、私は生れて8ヶ月の赤ちゃん。戦争を知らない子供である。言われてみれば、両方とも納得できる。
 数年違いで私は戦争を知らない子供となった。彼は戦争を知っている子供となった。
 戦争を知っている人の思いは、私は知識で、観念的にしかわからない。
 そして、戦争を知っている人が少なくなっていく。
 
 戦争を知らない世代の大臣たちは、それも兵士になることはない世襲制のお坊ちゃまで、安倍流の戦争準備こそ「積極的平和主義」との危険な思い上がりがある。 原爆を落とされたのにもかかわらず、アメリカのポチとして、愚鈍、無反省の極みといっていい。
 
 それなのに、侵略された中国、韓国の思いを考慮せず、またぞろ靖国神社参拝をする政治家がいる。いたずらに刺激するだけだ。テレビなどに取り上げられるので、売名行為・選挙民対策としか思われない。純粋な思いの一般の参拝者とは違うような気がする。
 
 この日だけではない。中西さんが言うように「忘れてはいけない」のだ。
 
 中西さんとは次元が違うが、「リンゴの唄」は、銃後の日本人には、が青空に飛ぶような風景の中に明るく響き渡ったのだ。異常な体験をした中西さんには受け入れがたいのかもしれない。 
 
 *今回は、閣僚北朝鮮問題もあってか、中国・韓国の協力の必要性を計算して参拝を遠慮したようだ。いつも参拝していた野田聖子もやめた。政治家のご都合主義が見える。

 閣僚を外れたとはいえ、稲田朋美は何だ。目立つのだ。何もわかってはいない形式主義者だ。戦没者を思うならば、他の日に密かに参拝すればよい。
 
 
 晩酌・・・甘塩鮭焼き、例の特製健康サラダ、ピーマン・油揚げ焼き。
 DSC_0938.jpg
スポンサーサイト
戦争を知らない子供たち 栄養孝3
   酒の肴の効用 栄養孝3

8月10日      
 鳥のむね肉の野菜煮(ナス・ピーマン・カブ)、ゴーヤの天ぷら、野菜サラダ(キュウリ・ミョウガ・大葉+梅干し・梅醤油がけ)、シジミの味噌汁。
   DSC_0915.jpg DSC_0917.jpg

8月11日 
 山の日、山に行きたいけど行けない。
 
 お盆、妻の中野の実家に行く。そこには、結婚して娘が住んでいる。コメントをくれる純心童子の姉に合う。中1の孫娘である。そのの命日である。
 
 1年前、天に召され天翔純心童子となった。8才であった。のきれいな子で純心そのもので、まさに天使である。 
 
 小ぶりなヒマワリの花が50本位飾られていて、明るくにこやかに笑って、から降りて来るのを迎えている。

 夕方、帰りに私の母親が入院している渋谷の病院に行く。胃瘻で何とか生きている。この8月20日で93才になる。
 
       生と死、時は流れる・・・・・ 

8月12日
 *酒の肴はどうしても塩分が多くなるので、血圧によくないと言われるが、「三石理論によれば、そんなに気にすることはない、高血圧カリウム不足がもたらすのである。カリウムを含む食品を毎日適量とれば大丈夫。余分な塩分は尿として排出される。

 カリウムは・・・リンゴ・スイカ・バナナ・キュウリなどの果物や野菜などに多く含まれる。
 
 他に血圧を正常に保つ作用には、カルシウムとマグネシウムが必要である。・・・小魚・海藻・豆類・ナッツ類・ごま・日本そばなどに含まれる。*乾きもののツマミとしてはナッツ類がよい。仕上げに、がごめ昆布のとろろのお吸い物で腹は落ち着くよ!
 DSC_0908.jpg DSC_0641.jpg

 さらに、タンパク質を十分にとる。・・・卵・豚肉などは安くていい。鳥のむね肉・鮭などは疲労回復になる。
 血液をサラサラにする作用がある油を持つ青魚がいい。・・・イワシ・サバなど、マグロのトロもいい。

    *そこで、猛暑の夏はキュウリがおすすめ。 残暑を乗り切よう!

 キュウリは、カリウムが多く含まれ、体内の不要な塩分を排出し血圧を正常に保つ作用がある。熱くなった体を冷やす効果もある。
 
 キュウリがメインの季節の健康サラダを作ろう。ワカメ・ミョウガ・大葉・梅肉と合わせ、と醤油のドレッシングで食す。*酢と梅のサッパリ感、また、体にいい。
 
 血液をサラサラにする玉ねぎスライスを入れてもいい。*甘味・果物・日本酒の糖質、脂肪などを燃焼させて体脂肪を減らし動脈硬化を防ぐ。
 豚肉のビタミンB1の吸収が高まり効果的である。豚肉の玉ねぎ入りしょうが焼きがお勧めです。

 さらに、冷房で冷えたら、体を温める生姜がいい。解毒作用もある。
   DSC_0930.jpg DSC_0925.jpg 
   葉生姜、安く出回る。

 今日のタンパク質は青魚の油のあるサバの干物焼き、枝豆、のりチーズ。*のりがポイント・・・血圧を安定させる。
 別メニューとしては、豚肉、鳥のむね肉、鮭などを組み合わせるといい。
   DSC_0919.jpg DSC_0926.jpg  

 カルシウム・マグネシウムとしては、煮干しとピーマンのピリ辛炒め胡麻入り・・・鷹の爪・みりん・醤油で味を調える。
 *煮干しとピーマンと胡麻の組合わせは実にいい、旨い。注意・・煮干しは先に鷹の爪1つを入れてオリーブオイルで揚げておくのがコツ!
   DSC_0924.jpg  
 他に、ゴボウの胡麻入りきんぴら。その植物繊維が腸にいい。ヨーグルトと組み合わせると効果絶大!

 最後は、スイカの代わりにナシ・瓜でカリウムをさらに、補う。腹が物足りない人は日本そばを食えばいい。ラーメンはダメだよ。
 
 理想的な健康メニューだ。酒の肴は健康につながる。酒を呑まなければこんなに食べれないよ!

8月13日 
 子供の声がよく聞こえる。お盆休みで、たちが来ているらしい。平和だ。 
 
 例のキュウリのサラダ(ゴーヤを追加)、葉生姜、コロッケ。今日のタンパク質・・・天然のブリかま焼き298円。最後に、スイカ。塩抜きのカリウムは十分。
   DSC_0934.jpg IMG_20170813_213130.jpg DSC_0928.jpg
 
 *民進党、解体の危機。政権時の戦犯、前原、枝野がまたぞろ出てくる。新鮮味がない。細野も離党。
    色男 蓮の花より 百合の花 

 *だが、戦争の臭いがする。私は戦争を知らない。権力者達よ、愚かなことをしないでくれ!
   

 
長崎の鐘
          長崎の鐘

8月7日 煮豚を作る。サバの干物焼き、枝豆、シシトウ・ナス焼き、生姜・玉ねぎ・オクラのサラダ梅酢がけ。
  
8月8日 
 煮豚カイワレ大根添え、野菜たっぷりサラダ梅酢がけ(キュウリ・ピーマン・なす・ゴーヤ・オクラ・トマト・大葉)、枝豆、アジ丸干し。・・・・野菜たっぷりで、今日も健康!
  DSC_0912.jpg
 
 *ある小金持ちの友人は、貧乏くさいと言う。では、あなたは何を食ったかと聞くと、「今日は国産牛肉のステーキと赤ワイン、コンビニワインではないぞ。昨日は本マグロの中トロの刺身と白ワイン」と答える。
 おしゃれであるが、私の酒呑みの美学には合わない。そして、彼は野菜をあまり食べない。健康が心配だ!

 私のブログで、そんなことを自慢げに書いたら反感を持たれるだけだ。ささやかに生きている人生の哀感がテーマなのだ。*実は、医療費がかかるので贅沢ができないのだ。


8月9日 
 原爆の日、長崎。高校の修学旅行の時と引率教員として、2回長崎に行ったことがある。平和記念像の前で撮った写真が残っている。
 
 日本が唯一の被爆国なのに、7月7日の核兵器禁止条約に署名しなかったのは不思議である。
 核保有国の米国の「核の傘」に頼っている弱みのためか、北方領土返還を望むため、同じく核保有国のロシアの機嫌をとるためか、政治的判断が働いているのだろう。外交では弱腰の政府安倍は、結局は、トランプ・プーチンにいいように利用されるのが落ちだろう。

 定時制高校の教員の時、何人かの淋しそうな生徒を連れて新宿にあった歌声喫茶「ともしび」に行ったことがある。
 そこでは、「長崎の鐘」がよく歌われていた。切ない歌である。サトウハチローの詩が心に沁みる。
  
 
 アジの干物・油揚げ焼き、チーズ、たっぷり野菜サラダ、枝豆。
 DSC_0914.jpg
 今日もヘルシー、質素。

 *甥の中国語が堪能なT君のブログ「超級賽亜人日記」に私のブログが紹介されている。パソコンの先生としてお世話になっている。感謝!
 まえがき
    まえがき
 
 リタイア生活の始まりです。これからは、収入は年金しかない、質素な暮らしに努めよう。しかし、だけはやめられないので許してもらう。誰に?妻に、いや、自分に。晩酌だけが楽しみ!
 
 もう、居酒屋通いはできない。お姐さんのいる店なんていけない。我が家の方丈庵で老妻を横目で見ながら、一人静かに呑むのみ。

 退職老人はケチくさい、顔が貧相になる、貧乏症にかかると、人は言う。「貧すれば鈍する」ではなくて、「貧すれば鋭する」でいくのだ。

 はないが、(ひま)はある。暇つぶし・ボケ防止にブログを始める。「晩酌日記」だ。いつしか年をとり、酒呑童子(しゅてんどうじ)が酒呑老人になってしまった。
 
 題名は、「酒呑老人の晩酌日記」と決める。「老人」と付けたら、誰も見ないわよ!」と妻は言うが。

DSC_0048.jpg

 主に、晩酌の肴(つまみ)について書く。その他のおかずは省略。
 
 終活として断捨離もしなければならない。本の始末がたいへん。そんな事も書く。趣味の山行記も書く。

IMG_6668.jpg


  ★R、S、Hの原則 *これが「鋭する」の精神だ!
 
 1 メインの一品は500円以内で自分で作る。・・・(リーズナブル)
 2 手間をかけず簡単にできるもの。・・・(シンプル)
 3 からだに良いものを心掛ける。・・・(ヘルシー) 

* タンパク質を適量とる。老人は特に必要である。炭水化物はあまりとらないようにする。野菜は必ずとる。食べ過ぎない。

 C級グルメですが、レシピを紹介します。貧乏症か?
 
 恥ずかしながら、自己満足な稚拙な文章ですが、このブログを見つけて覗いて下さればうれしいです。

 尚、受験生用ブログ #「センター試験満点作戦 国語」もあります。お身内の受験生にお知らせください。
 * #印は、リンクしています。クリックすれば出ます。

 では、#2月3日の記事からどうぞご覧ください。
安倍改造内閣。 栄養孝2。
7月31日 海鮮オードブル、枝豆、油揚げ焼き、キュウリ・玉ねぎの梅肉和えサラダ、他。

8月1日 
 チャーシュー玉ねぎ添え、チャーシュー入り野菜炒め(ピーマン・シイタケ・生姜)、枝豆。・・・冷酒 白鶴辛口生 貯蔵酒を呑む。さらに、自家製ウコン酒を呑む。・・・ウコンを刻んで干し、焼酎に漬けて1年経ったもの。薬味酒として少し呑む、苦いが肝臓に効く。 DSC_0890.jpg DSC_0889.jpg

8月2日 
 サケのかまの西京漬け、ゴーヤ・他の天ぷら、枝豆、、高野豆腐、キュウリの梅肉和えサラダ、おかひじき。
 DSC_0893.jpg DSC_0891.jpg
 ・・・鮭の赤い色にはアスタキサンチンという成分があり、抗酸化物質でアンチエイジングに有効である。サケは産卵で川を遡上する際、流れに逆らうことでたいへんな酸化ストレスに見舞われる。そのストレスを克服するのが、サケが食べる海産物に含まれたアスタキサンチンの、強力な抗酸化作用(体のさび止め)なのである。

8月3日 チャーシューのカイワレ大根添え、油揚げ・シシトウ焼き、トウモロコシ、枝豆、玉ねぎの梅肉和えサラダ。

8月4日 
 ゴマサバ生の塩焼き、はんぺん・甘長トウガラシ焼き、ゴーヤサラダ(酢醤油で)、新生姜サラダ大葉・ミョウガ添え、納豆ネギ・オクラ入り。
 DSC_0897.jpg DSC_0895 (1)
 サバは油がのっている、私の好きな安価な定番メニューだ。
 はんぺんの柔らかいヘルシーさがいい。
 ゴーヤの苦味と酢が相まって胃に沁みる。ミョウガ・大葉がアクセントになっていい感じ。枝豆の代わりに納豆。
 
     ・・・・・言葉の裏側・・・・・ 
 
 *安倍改造内閣は、「仕事人内閣」と言う。
 では、今までは「仕事ができない内閣」だったということになる。自分の組閣人事の失敗・未熟さを認めたことになる。民間会社なら潰れている、社長は退陣である。
 
 「記憶にない」は、「記憶がある」から言える言葉だ。
 「一線を越えてはいない」も、同じこと。無意識に反対の意味を物語っているのだ。しかも、そのことを意識していない滑稽さがある。 

8月5日 
 弟からもらった山田式中華鍋はチタン製で軽くて重宝している。炒め物・揚げ物・煮物・茹で物に。だが、焦げ付きやすいので金たわしで手入れするのが面倒だ。
 今日も枝豆を茹で、ピリ辛こんにゃく炒めを作り、煮干しを揚げて山椒ちりめんじゃこ風に味つけをする。
 DSC_0899 (1) DSC_0900 (1)
 北海道産時鮭生のアラを安く手に入れたので塩焼きにして食す。
 他に、野菜サラダ梅肉和え(かぶ・新生姜・キュウリ・オクラ・大葉)・・・今日もヘルシー。
 
 *タニタの体重計でのデータを見ると、なんと!体内年齢は35才と出た。 
 
 「飲み過ぎてはいけないが、酒の毒は栄養のある肴で消える。ゲドックス・デドックスである。脂肪肝・肝硬変・肝臓がんが気になる酒飲みはビタミンB群やレシチンを多く含んだ豚肉、豆類、チーズなどのツマミを食べながらお酒を飲むようにするといい」と、「分子栄養学」の大家、三石巌先生がおっしゃっているのは酒飲みには心強い言葉です。
 私のツマミは自然と理にかなっていたのだ。

8月6日 72年前、広島原爆投下。私は72才。
 チャーシュー入り野菜炒め(カブ・シイタケ・シシトウ)、ニンジン・生姜・キュウリ・ミョウガ入り野菜サラダ、オクラ入り納豆。
 DSC_0905.jpg
 今日もヘルシー、若返る!
Copyright ©  酒呑老人(しゅてんろうじん)の晩酌日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈